北九州の切手買取り店3選

・買取専門店 蔵zou 北九州店

買取専門店「蔵zou」は九州エリアを中心に4つの店舗を構えています。
切手査定については専門的な知識が必要になるため、査定員の力量や経験によって価格にバラつきが見られますが、蔵zouでは切手買取り実績を豊富に持つエキスパートが査定を行ってくれます。
普通切手・記念切手・バラ切手・中国切手などの買取りが可能です。
電話・メール・LINEによる簡易的な事前査定も実施しています。

住所
北九州市小倉南区上葛原1-14-1 ジョイプラザ小倉1F-B
営業時間 10:00~19:00(年末年始を除き年中無休)

・総合リサイクルショップ エコプラス

総合リサイクルショップ エコプラスは北九州市内に3店舗所在します。
買取り方法は「出張買取り」「店頭買取り」「宅配買取り」「LINE買取り」の4種類から都合の良い方法を選んでみましょう。
赤とオレンジを基調とした店内は清潔感があって明るく、とても入りやすい雰囲気となっています。

査定や相談は無料で対応しているので気軽に活用できます。

小倉南店 北九州市小倉南区湯川1-2-13
営業時間:10:00~20:00(年中無休)
小倉北店 北九州市小倉北区三荻野1-1-12
営業時間:10:00~20:00(年中無休)
門司店 北九州市門司区大里戸ノ上1-1-1
営業時間:10:00~20:00(定休日は水曜日)

・なんぼや 北九州小倉店

なんぼやはブランド買取りが有名な専門業者ですが、切手買取り実績が豊富で高価買取りが期待できる買取り専門店です。
全国に買取り専門店を展開していますが、どの店舗も駅から近く便利な立地条件となっています。

無料のスピード査定に加えて、査定に納得できなかった場合でもキャンセル料が発生しないので安心して利用できるでしょう。

普通切手や記念切手はもちろん、プレミア切手や中国切手などの特殊切手も買取り対象です。

住所
北九州市小倉北区魚町2-1-4
営業時間 11:00~19:00(年中無休)

北九州を題材にした切手

北九州市は大正7年に旧若松市で下水道事業を開始し、平成30年で100周年を迎えました。
そこでこれまでの事業を振り返り、市民への理解と協力に感謝しつつ「北九州市下水道100周記念事業」を実施しました。
イベント自体は2018年11月3日に北九州芸術劇場で行われましたが、その他イラストや写真と切手が一緒になったフレーム切手の発行が枚数限定で販売されています。

こちらの記念切手シートは2種類の図柄があり、1つは松本零士氏の代表作品である「銀河鉄道999」を連携させたデザインマンホール10種類、もう1つは北九州市が発足される前の旧5市(旧門司市・旧小倉市・旧若待松市・旧八幡市・旧戸畑市)の時代に作られたマンホール蓋などをモチーフにした10種類の切手が発行されました。

旧市のマンホール蓋を図柄化した記念切手には、この他世界遺産やギラヴァンツ北九州のデザインマンホールなども題材にしています。
どちらも日本郵政株式会社の協力のもと製作された切手ですが、7月24~27日に開催された西日本総合展示場の「下水道’18北九州」で販売された貴重な切手シートとなっています。

なお、額面については1シート1,300円で、82円切手×10枚のシート構成です。

こちらの切手の希少性については切手買取り専門店で査定してもらうことで、どのくらいの価値があるのかが確認できます。
「銀河鉄道999」のフレーム切手については鉄郎やメーテル、999号に関わるデザインが印刷されているので、コレクターやファンからは根強い人気がある切手です。