切手収集ブームの現状

多種多様な趣味の中でも、切手収集は以前まで趣味の中でも定番と言われるほど人気の高いものでした。
切手収集がブームになり始めたのは1960年代頃のことです。
実用的なものだった切手がいつしかデザイン性・希少性で見られるようになり、多くの人が切手収集の趣味にハマっていきました。

しかし、そんな切手収集ブームも現在では収束し、趣味人口も減っています。

なぜ切手収集を行う人が少なくなってきているのしょうか?

理由としては、様々な記念切手が多く発行されたことで全てコレクションしていくことが難しくなってしまったことが考えられます。
コレクターというのはアイテムを集めることによって自己満足感を得たり、他者との優位性を図ったりする傾向にあります。
そのため、発売されたアイテムは1つ残らず集めたいという心理が働きやすいです。

記念切手の場合、その名の通りイベントや記念日を祝うために発行されることが多かったため、発行枚数が多ければそれなりに集めやすかったのですが、現在は各地方自治体からも発行されるようになり、かなりの種類が出回るようになりました。
コレクターは全ての切手を集めたいと考えますが、全てを収集することが難しくなってしまったのです。
集められないと分かると、コレクターは諦めてしまい、他のコレクションに注目するようになります。

こうして、切手収集を趣味にする人が減ってしまったと考えられます。

ただ、切手のコレクターが全くいなくなったというわけではありません。
コレクターの数はブーム時に比べると少なくなってきていますが、それでも切手収集を趣味にしている人は存在しています。

ネットオークションでも希少性の高い切手を出品すると高値が付くケースもあり、需要があるということが分かります。

切手コレクションを売りたい場合、どこで売るべきか?

自身も切手収集をしていたが追いつけなくなり、収集から遠ざかっていた場合、コレクションを高値で売りたいと考える方も多いのではないでしょうか?
切手コレクションを処分するのも良いのですが、せっかくこれまでお金をかけて収集してきたものを捨ててしまうのはコレクターにとって難しいことです。

切手コレクションを処分するならお店への買取りを検討してみましょう。

切手を買取ってくれるお店にも様々な種類があります。
例えば、切手買取りを専門に扱ったお店から様々なものを取り扱うリサイクルショップなどが挙げられます。
ただ、切手コレクションをより高値で売りたい場合には切手買取り専門店がおすすめです。

切手買取り専門店がおすすめの理由

切手買取り専門店をおすすめするのには理由があります。

まず1つ目に、切手の正しい価値を判断してもらえるという点です。
切手買取り店には、切手に精通した鑑定士が在籍しており、1枚の価値を確かめながら査定額を出してもらえます。

2つ目の理由としては、消印付きといった使用済み切手でも値段が付く可能性があるという点です。
切手買取り店はその切手の価値によって違うものの、使用済み切手も高値で買取ってもらえる場合もあるのです。