そもそも金券ショップで切手を売ることはできる?

品整理や断捨離などで、これまでコレクションされてきた切手を処分したいと考える方は多いかと思います。

ただ、大切にしてきた切手のコレクションをそのまま処分してしまうのは非常にもったいないです。
せっかくこれまで大切に集めてきた切手コレクションであれば、処分するのではなく売ることを検討してみましょう。

切手を売るとなると、切手買取り専門店やネットオークション、リサイクルショップなどが候補として挙げられますが、実は金券ショップでも切手を取り扱っているお店があります。

金券ショップというと新幹線きっぷや航空券、商品券などをイメージされるかもしれませんが、切手やはがきといった郵便関係のアイテムも取り扱っている金券ショップは多いのです。

金券ショップで切手を売る時に注意しておきたいこと

もし金券ショップで切手を売ろうと考えた場合、あらかじめどんなことに注意しておけば、満足度の高い買取りにつながるのでしょうか?

金券ショップで切手を売る時に注意しておきたいことをご紹介していきましょう。

・現行の切手、シートの方が買取ってもらえる

切手買取りというと普通切手よりも記念切手、新しいものよりも古いものの方が高値になりやすいというイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、金券ショップの場合は今でも使える現行の普通切手を買取ってもらえて、逆に希少性のある記念切手でも現行で使えないという理由で買取りしてもらえない場合があります。

古い切手を金券ショップで売りたいという場合は、まず郵便局で現行の切手に交換してもらう方法もありますが、それよりも高値になると思われる希少性の高い切手があるなら、切手買取り専門店やネットオークションなどを利用した方が良いでしょう。

また、バラよりもシートの方が高値で買取ってもらえる可能性が高いので、できるだけシートはバラさないようにしてください。

・大量にある場合は仕分けを行った方が良い

切手のコレクションが大量にあった場合でも金券ショップで売ることは可能です。
ただ、そのまま買取りに出してしまうと安く取引されてしまう場合があります。

これは、大量の切手を仕分けて査定する作業を行うことで、人件費がかかってしまうためです。

大量の切手を金券ショップに売りたい場合は、あらかじめ種類ごとに分け、種類ごとの額面総額を出しておくと良いでしょう。
なお、仕分けの細かいルールなどは各金券ショップによって異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

切手を売る前に店舗ごとの買取り率を知ろう

金券ショップで売る際の注意点をご紹介しましたが、各金券ショップではそれぞれ買取り率が異なっています。

買取り率は定期的に変動してしまうため、事前にどれくらいの買取り率になっているのかチェックしておくことも大切です。

買取り率はネットの公式サイトからでも知ることができますが、直接店舗に切手買取りの旨を伝えつつ買取り率を聞くことで、リアルタイムの買取り率を知ることができます。

違う金券ショップでも同様に買取り率を調べていき、最もレートが高かったところで売った方が良いでしょう。

また、大量に切手がある場合は査定に1~2週間程度時間がかかってしまうことがあります。
念のため、この期間中に買取り率が変動しないかどうか、変動した場合にその買取り率が適用されるかどうかも尋ねておくようにしましょう。

金券ショップで切手買取りを行う場合には、切手買取り専門店やネットオークション、リサイクルショップなどとは違ったポイントに注意しなくてはなりません。