切手収集の魅力

切手収集は古くから行われており、今でも収集する楽しさや魅力を感じてコレクションしている人は少なくありません。
具体的にどんな魅力があるのかご紹介しましょう。

・自分だけのコレクションを作れる

何を基準に集めるかは人それぞれ異なり、好きな切手やテーマなどで揃えた自分だけのコレクションを作ることができます。
切手は様々な種類の絵柄があるため、絵画を観賞する気分で収集を楽しめるでしょう。

年代に応じて切手の雰囲気やモチーフも違っており、切手の長い歴史をコレクションを通じて楽しめるという魅力もあります。

・集めるという楽しさ

切手にはシリーズものも多く、種類が豊富な切手なら収集すること自体に面白さを感じている人が多いです。
自分なりのルールやスタイル、切手のテーマを決めておくと、より収集が楽しくなるでしょう。

・形や消印の違いを楽しむ

基本的な形は四角形ですが、三角や丸、長方形など特殊な形の種類も多く存在するので、たくさん集めれば違いを楽しめます。
変わった形の切手に特化して収集してみるのも良いでしょう。

また、自分宛に届いたはがきや封筒なら、使用済みとなりますがお金をかけずに収集できます。
消印には地名や日付以外に風景や特産物などが押されたものもあるため、未使用品とは違った収集が可能です。

切手の誕生と共に始まった切手収集

切手の歴史は長く、今までたくさんの種類が発行されており、多くの人々にコレクションされています。
1840年にイギリスで世界初の切手「ペニー・ブラック」が誕生し、切手制度はあっという間に世界中へ広まり、日本では1871年に「竜門切手」が誕生しました。

竜門切手

今でも活用される切手の収集は、切手の誕生と同じ頃に始まったと言われています。

切手収集が始まった当時は、自宅の壁画や家具の装飾を目的に集めていた人が多く、今のように集めることや観賞目的にしたスタイルは1850~1860年代から浸透していきました。

日本ではグリコがお菓子のおまけに切手を採用したことを発端に、1957~1960年代は収集がブームが起きています。
当時はデザイン性に魅力を感じて集める人が多く、また価値の高さに目を付けて収集する人も見られました。

しかし、印刷技術の向上で記念切手も大量発行が可能となり、貴重性が失われたことでブームは収束を迎えてしまいます。

現在の切手収集事情

現在はインターネットの普及により郵便を使う人が少なくなっており、同時に日本ではコレクターも少なくなっています。

物価が上昇したことで昔と比較すると額面も安く、資産的価値が薄くなっていることもコレクターが減っている要因の一つです。

日本ではコレクターが少なくなっていますが、海外では根強い人気を誇っており、プロサッカー選手やプロテニスプレイヤーなど著名人も趣味に切手収集を挙げることが多いです。
日本は当時の歴史を想像させる図柄や繊細で美しい絵柄を採用した切手が豊富で、海外コレクターに人気があります。

日本ではあまり値が付かない種類でも、海外では高い価値が付けられているケースも珍しくありません。
買取り業者も海外での需要を理解しており、国内だけではなく海外への販路を確保して高額買取りを実現しているところもあり、買取り需要はまだまだあると言えます。

しかし、いつ相場が下がるか分からないので、貴重な切手をコレクションを手放したいという方は買取りに出してみると良いでしょう。
切手を売る方法はネットオークション、フリマアプリ、金券ショップ、切手買取り店と様々な手段があるので、自分が利用しやすい売却方法を選んでみてください。