赤猿の買取り相場はいくらなの?

中国切手の中でも特に有名な「赤猿」を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしましょう。

赤猿をネットオークションで売るケースだと、平均価格は44,000円程度でした。
最高値は未使用の赤猿4枚で 708,200円で売ることができています。
最安値は100円からありますが、本物かどうかは不明です。

シートで落札されているものもありましたが、そちらは未鑑定品ということであまり高値にならず、赤猿40枚×12シート(480枚)と片紅45枚×2シート(90枚)で15,000円となっていました。

同じ赤猿1枚でも破れや日焼けが見られない美品と、多少の破れが見られるものとでは数万円以上価格に違いが見られるため、赤猿は保存状態によって売る時の値段が大きく変化すると言えます。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

赤猿を高く売るのなら、切手への造詣が深い切手買取り専門店に鑑定してもらうのがおすすめです。

参考:赤猿を買取りしてくれるお店一覧

専門店は無料査定をしてくれるので、提示額に満足なら売ることを考えてみましょう。

赤猿の特徴を徹底解説

切手のコレクターにとって中国切手というと、最初に「赤猿」を思い浮かべる方は多いでしょう。

そもそも赤猿というのは、1980年に発行されたもので中国では初の年賀切手となります。

猿が描かれているのは、その年の干支が猿だったことが由来となっています。
1980年というと切手としてはそれほど古くありませんが、文化大革命が終了してから3年の月日が経っていたものの混乱が続いていたため、切手収集は政府によって禁止されてしまいました。

また、外国へ輸出することもできず、現在出回っている中国切手の多くは当時旅行していた人が一部持ち帰ったものだと言われています。

発行枚数自体が少ないだけでなく、このような背景から現存している枚数がかなり少ないため、プレミア価値が付いているのです。

また、一応中国国内でも流通はされていたのですが、赤猿はとても特徴的な絵柄で、この美しさに驚く方は多かったと言います。
真っ赤な背景に毛の1本1本まで丁寧に描かれた子猿、さらに金粉がまぶされているという当時の切手には見られないデザインをしています。

このデザイン性の高い切手の魅了される人は多く、例えば郵送中に剥がされてしまったり、盗まれてしまうというような噂が中国で広まりました。

赤猿自体価値が高いのですが、実はその中でも特に価値が高い「極上品」というものがあります。
極上品というのは猿の顔が金色に輝いているものを指します。

金色に輝いているのは、日焼けが少なく保存状態が良いものにだけ見られます。
極上品なら1枚でも相当高額な金額で売ることが可能でしょう。

赤猿を高値で売るコツ

赤猿を高値で売るなら、切手買取り専門店への依頼がおすすめです。
赤猿は1枚で高額な価値が付きやすいことから、贋作やレプリカなども多く出回っており、見極める必要があります。
素人では赤猿が本物かどうかを判断できないため、プロの査定士に見てもらった方が良いでしょう。

参考:赤猿を買取りしてくれるお店一覧

また専門店は訪問買取りや宅配での査定にも応じてくれるので大変便利です。