毛主席は赤い太陽の買取り相場はいくらなの?

中国切手の中でも希少性の高い毛主席は赤い太陽を売るのなら、買取り相場を知っておきましょう。
まずは「外国切手カタログ 新中国切手2019」を参考に調べてみます。
※単位は円

  • 毛主席と人民(額面8分)…8,000
    毛主席と語録と人民(額面8分)…18,000
  • 2種完…26,000

毛主席は赤い太陽は2種類どちらも毛沢東の姿が刷られていますが、「毛主席と語録の人民」の方が高い相場となっていました。
民衆から人気のあった毛沢東が描かれていることも高値の相場につながっていますが、中国の経済発展による影響で値段が跳ね上がったことも考えられます。

毛主席は赤い太陽をネットオークションで売るケースを調べてみると、最高値は未使用の2種完が28,500円で落札されていました。
耳紙(余白部分)付きの美品です。
最安値は参考品が170円からあります。
もちろんこれらの値段は目安です。

毛主席は赤い太陽を高く売るのなら、専門知識が豊富にある切手買取り店にみてもらうのが一番です。

参考:毛主席は赤い太陽を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定してくれるので査定額に満足なら本格的に売ることを考えてみましょう。

毛主席は赤い太陽の特徴を徹底解説

中国切手で有名な「毛主席は赤い太陽」は、1967年10月1日に発行された切手です。
切手の種類は2種類存在しますが、発行枚数は1000万枚、額面は8分となっています。

文化大革命の時代に描かれたこの切手は、政治色が全面にうち出されていることが分かります。

文化大革命では中国の共産党が10年に渡る間、混乱と内部抗争に陥れた社会的運動です。
毛沢東主導による革命的な運動であることが切手の絵柄に反映されているのでしょう。

切手の絵柄は、毛沢東が太陽のように輝いている肖像画の下に毛沢東語録を持つ民衆が集うデザインと、真っ赤な毛沢東語録を手にした人々が毛沢東を囲むデザインでそれぞれ発行されました。

どちらも赤を基調とした絵柄で、毛沢東が民主から太陽のような存在であることが象徴されています。

毛沢東の切手はこの他にもいくつか種類がありますが、文化大革命時代を迎え切手収集が禁止されていたことから、こちらの切手の残存数はとても少ないです。
その影響で、切手の価値はさらに高く伸び上がっています。

毛主席は赤い太陽2種類の完品はさらに評価額に影響し、切手コレクターの間でも手放したくないという方は多いでしょう。
毛主席は赤い太陽を所有している方は、絵柄の種類や切手の状態をチェックしてみてください。

毛主席は赤い太陽を高値で売るコツ

このような価値のある中国切手でも、切手の保管状態が悪いと価格は値下がりしてしまいます。
切手は専用ファイルにきちんと収納し、湿気や直射日光があたる場所は避けてください。
また、素手で扱うと手垢や汚れが付着しやすいので、ピンセットを使って扱うようにしましょう。

買い手選びも高値で売る重要な要素です。
価値の分からない者に売ると思わぬ安値で買い叩かれてしまう可能性もあります。

毛主席は赤い太陽を売るのなら、しっかりとした知識がある切手買取り店が安心です。

参考:毛主席は赤い太陽を買取りしてくれるお店一覧

訪問査定や宅配買取りに応じてくれる
ところも多いのでその利便性の高さも魅力です。