全国の山河は赤一色の買取り相場はいくらなの?

中国の文化大革命時代に発行された「全国の山河は赤一色」は、中国切手の中でも極めて希少価値の高い為、高額で売る事が期待できます。

ネットオークションで売るケースを調べてみると、最高値は4枚セットで285,000円、最安値では同じく4枚ものと別の中国切手8枚がセットになって110円で売ることができてます。

1枚ものでも保存状態が良いものは落札価格が高くなる傾向にあり、反対に未使用品でも日焼けや消印付きは、価格が落ちるようです、
もちろん、この相場価格はあくまでも目安に過ぎません。

全国の山河は赤一色を高く売るのなら、切手の専門的知識が豊富な切手買取り専門店に鑑定してもらうのが一番です。

こういった専門店は無料査定をしてくれるので提示額に満足なら売ることを検討してみましょう。

全国の山河は赤一色の特徴を徹底解説

全国の山河は赤一色の切手は、文化大革命時代と言われる1968年に発行された中国切手です。
別名「全国の山河は赤い」とも言われており、中国の地図が赤一色に塗られた図柄が描かれています。

切手の種類は横長版と縦長版の2種類あり、どちらの額面も8等分です。
前面には毛沢東語録を掲げている民衆達のデザインが描かれていて、中国全土が共産主義で統一されるといった意味合いを持っています。
赤色は当時の中国の共産党トレードカラーで、「進め」という表現でもあり、地図には「全国山河一片紅」という文字が印刷されています。

中国切手は全国の山河は赤一色だけでなく、文化大革命時代に発行された切手は赤色を採用したものが多くなっているようです。
全国の山河は赤一色の発行は順調に行われましたが、発行してから間もなく地図上で台湾だけが白く赤く塗り忘れていた図案ミスが発覚しました。
台湾だけが中国領土ではないという意味合いになってしまうことから、発行からわずか半日足らずで回収されることになったようです。
こうして全国の山河は赤一色は1日にも満たない期間しか発行されない幻の切手となりましたが、回収前に購入されたものが現在市場に出回っています。

ただ、出回っている数自体がほとんどないため、滅多にお目に掛かれません。
僅かに残された貴重な切手は、切手買取り専門店でも高価で売る事が可能でしょう。

中国では2012年頃から切手ブームが起き始めていることから、全国の山河は赤一色のような流通枚数の少ないものはかなり高騰しているようです。

全国の山河は赤一色を高値で売るコツ

全国の山河は赤一色は、発売からたった半日で発行停止されたプレミアム切手とされているため高値で売ることが可能でしょう。
保存状態が良ければさらに高額買取が期待できます。

ネットオークションで落札されているものには、中古品でも美品が多くありました。
色褪せたり、日焼けしたりしないよう専用のアルバムなどに入れて保管しておくようにしましょう。

全国の山河は赤一色を高く売るのなら専門的な知識が豊富にある切手買取り専門店に鑑定してもらうのがおすすめです。

出張買取りや宅配査定に応じているところも多いので大変重宝します。