日本万国博覧会の買取り相場はいくらなの?

大阪万博の開催合わせて発行された「日本万国博覧会」の切手を売るのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

「日本切手カタログ」を調べてみると以下のようになっています。
※単位は円

  • 7円…30
  • 15円…50
  • 50円…130
  • 小型シート…300

日本万国博覧会の切手には図案違いで同額面のものが1次、2次という形で2種類ありますが、どちらも評価額は同額となっていました。
また、7円4枚と15円・50円1枚がセットになった切手帳も販売されています。
あまり高値が付かない傾向があるので、まとめて売る方が良いでしょう。

日本万国博覧会 小型シート

続いて、ネットオークションで日本万国博覧会を売るケースをみてみます。
最高値は50円切手1000枚の未開封のもので、 48,200円で売ることができています。
逆に最安値は使用済みや状態がイマイチなものが1円から出ています。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

日本万国博覧会の切手を高値で売るのなら、専門知識豊富な切手買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:日本万国博覧会の切手を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定してくれるので査定額に満足なら売る事を本格的に考えてみましょう。

日本万国博覧会の切手の特徴を徹底解説

1970年に大阪府吹田市で開かれた日本万国博覧会の記念に発行された切手です。
日本万国博覧会の切手には、3月14日に発行された第1次と、6月15日に発行された第2次があります。
どちらも額面は7、15、50円の3種類となっており、それぞれ異なる図案が採用されています。

・第1次

7円は会場と打ち上げ花火、15円は地球と桜がデザインされています。
50円は江戸時代中期に活躍した画家・尾形光琳の「かきつばた」が図案として採用されています。

・第2次

7円には会場とかん燈、15円には地球の中に万博会場が描かれたデザインとなっています。
50円は江戸時代後期の絵師で俳人の酒井抱一の「夏秋草図」が図案に使われています。

日本万国博覧会の切手では7円5枚と15円・50円1枚がセットになった切手帳があります。

表紙に万博マークが銀のものと金のものがあり、郵便局窓口で販売されたものが銀、自動販売機で取り扱われていたものが銀と、販売元がマークの色によって異なります。

さらに、銀には糊つけされていない“背がためなし”というものがあり、特に高く売れる傾向があるので確認しておきましょう。

日本万国博覧会の切手を高値で売るコツ

日本万国博覧会は1枚の価値はそれほど高くないので、状態が悪いとなおさら価値を下げる恐れがあります。
経年劣化を送らせるためにも売る時まで専用ファイルに収め、美品状態を維持しましょう。
紙でできているので日差しに当てると色褪せたり、湿気で脆くなったりしてしまいます。
直射日光が当たらず、また湿気がこもりにくい場所に保管するようにしましょう。

日本万国博覧会の切手を高値で売るには、買い手選びも重要です。
売る際には切手に対する十分な知識を持った者を選びましょう。

その点、切手買取り店なら、深い知識を持った鑑定士がいるので安心です。

参考:日本万国博覧会の切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問による査定にも応じてくれるところも多いため忙しい方にもおすすめです。