文化人シリーズの買取り相場はいくらなの?

夏目漱石

文化人シリーズ切手を売ることを考えているのならまずは買取り相場を知っておきましょう。
このシリーズでは第一次と第二次がありますが、その中でも古くて価値の高い第一次を中心に価格を見ていきます。
まずは「日本切手カタログ」の相場です。(単位は円)

  • 額面8円
    野口英世…22000(第2種版)
    樋口一葉…3000
    森鴎外…4000
  • 額面10円
    西周…11,000
西周

文化人シリーズで最も評価が高いのは啓蒙家の西周がデザインされた切手でした。
ちなみに18種完だと38,500円となっており、シートなら901,000円とかなり高い評価に期待できます。
シートや複数の種類をお持ちの方は、まとめ売りも選択肢に入れてみましょう。

次に文化人シリーズをネットオークションで売るケースをチェックしてみます。
ネットオークションでの最高値は全種シート完で332,000円でした。
一部の切手は目打ち切れや破れがあるものの、未使用な上に18種類シートで全て揃っているため、高値が付いたようです。
一方、最安値は1円です。
最安値の理由は使用済みであり、さらに経年劣化による変色や小傷があるため大きく値が下がりました。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

文化人シリーズを高値で売るのなら、知識豊富な査定員のいる切手買取り店に鑑定してもらうのが安心です。
こういったお店は無料査定をしてくれるので満足いく金額なら売る事を検討してみましょう。

文化人シリーズの特徴を徹底解説

文化人シリーズは日本に影響を与えた偉人の肖像画がデザインされた特殊切手です。
第一次は1949~52年にかけて発行され、全部で18種類あります。
第二次は異なる偉人が図柄に採用されており、1992~2004年までの間に31種類発行されました。

種類がとても多いので、第一次の中から一部の切手をご紹介しましょう。

野口英世(1949年、額面8円)

野口英世

1949年に発行された野口英世の切手は文化人シリーズの第1弾で、額面は8円です。
このシリーズで唯一第一種版と第二種版があるので、希少性の高い種類となっています。
右下端の印刷線が7本なら第一種版、5本なら第二種版と見分けることが可能です。

それぞれ価値が違うので売却する際は注意しましょう。

市川団十郎(1950年、額面8円)

市川団十郎

歌舞伎役者で有名の市川団十郎の肖像画がデザインされています。
他の偉人に比べて発行枚数が少ないので、価値も高い傾向にあります。

西周(1952年、額面10円)

江戸から明治に活躍した西周は、福沢諭吉らと共に軍政整備などに携わってきた人物です。
他の偉人に比べると知名度は低く、普通切手として使われたことから現存する未使用品が少ないため、未使用品は高い評価が期待されます。

狩野芳崖(1952年、額面8円)

狩野芳崖

近代日本画を築いた狩野芳崖の切手も比較的高い価値を持っています。
狩野芳崖の作品は近代美術シリーズに採用されており、知名度は高めです。

この他にも夏目漱石、福沢諭吉、樋口一葉、森鴎外、新渡戸稲造など、様々な分野で活躍した偉人の肖像画が第一次で用いられています。

なお、第二次では関孝和や与謝野晶子、宮沢賢治などが採用されており、モノクロの自画像ではなく、少し鮮やかなデザインに代わっています。

文化人シリーズを高値で売るコツ

切手を売る際には、態の良さが評価に反映するので、未使用かつ美品のものに高値が付きやすいです。
普段から丁寧に扱い、劣化を早めないように湿気のこもりやすい場所や日差しが当たる場所での保管は避けてください。
専用ファイルに収納して保管するようにしましょう。

文化人シリーズは人物によって発行枚数などが異なるので、正確な査定には専門知識が求められます。
高値で売るのなら、専門知識豊富な鑑定員のいる切手買取り店にみてもらうのが一番です。
訪問による査定や宅配買取りに対応しているお店もあるので人気を博しています。