第二回国勢調査記念切手の買取り相場はいくらなの?

1930年に発行された第二回国勢調査記念切手を持っている方で、売ることを検討中ならまずは買取り相場を知っておきましょう。

まずは日本切手カタログの相場です。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用1,000、使用済み450(シート120,000)
  • 3銭…未使用1,100、使用済み550(シート130,000)

未使用ならバラでも1,000円~1,100円で売ることができますが、使用済みになるとかなり値が下がってしまいます。
発行枚数も1銭5厘が282万枚、3銭が283万枚と比較的多いため、それほどプレミアが付いているわけではありませんでした。

ネットオークション売る場合だと、最高値は3銭の100枚シートで70,000円で売ることができています。
逆に最安値は1銭5厘が10円でした。
もちろんこれらの値段は目安です。

第二回国勢調査記念切手を高く売るのなら、専門知識豊富な切手買取り店に鑑定してもらうのが一番です。

参考:第二回国勢調査を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定をしてくれるので、買取り額に満足なら売る事を考えてみましょう。

第二回国勢調査記念切手の特徴を徹底解説

第二回国勢調査記念切手は1930年9月25日に発行されました。
こちらの切手の額面は1.5銭と3銭の2種類となっており、それぞれ発行枚数が異なります。

1.5銭は282万枚、3銭切手は283万枚と3銭切手の方が1万枚多く発行されていますが、それほど大きく違っているわけではありません。

図柄は当時の日本地図を採用し、凹版印刷の単色カラーで印刷されているのが特徴です。
切手下部には日本郵便の下に「昭和五年十月一日」と印字されています。
第一回国勢調査記念切手は額面表記に大字が使われていなかったのに対し、第二国勢調査記念切手には大字が使われ、「参銭」「壹銭五厘」の表記が確認できます。

また、現在の日本地図にはない、台湾や樺太、朝鮮など当時の日本領土が含まれているのも目に付くことでしょう。
国勢調査は日本全国を対象とした国で重要な統計調査ですが、第一回・第二回は続けて記念切手が発行されましたが、それから第十回国勢調査までは発行されません。

第二回国勢調査の特色としては、これまで曖昧だった産業や職業の概念が国内で初めて区分され、従業場所の調査や従業地の昼間人口が集計されるといった調査内容でした。

第一回国勢調査記念切手より価値は少し下回りますが、切手自体にプレミア価値が付くことは間違いないでしょう。

第二回国勢調査記念切手を高値で売るコツ

第二回国勢調査記念切手は額面以上の価値がありますが、昭和5年に発行された切手なので状態良く保管されているのは珍しいでしょう。
しかし、未使用品に限らず消印付きの切手でも、「FDC」と言われる初日カバーの場合は収集価値が大きく上がります。

また、記念切手はシートでの買取りが圧倒的に高く売ることが可能になります。

プレミア価値がある第二回国勢調査記念切手を売る際には、専門知識豊富な切手買取り店が安心です。

参考:第二回国勢調査を買取りしてくれるお店一覧

訪問査定や宅配買取りにも対応しているので非常に重宝します。