軍事切手の買取り相場はいくらなの?

1910年~1944年まで軍事郵便に使用された軍事切手を売る事を考えているのなら、まずは買取り相場をチェックしましょう。
軍事切手は種類が豊富にありますが、どの切手にも「軍事」の文字が加刷されています。

日本切手カタロクの価格を見てみると未使用品の青島軍事(3銭)が2,200,000円、大正白紙軍事(3銭)が120,000円となっていました。

また、簡単に取引ができるネットオークションで売るケースだと、最高値は鑑定書付きの青島軍事(消印付)で、750,000円で売る事ができています。
他方最安値は消印付で120円で落札されていました。

高値で落札されている切手は、切手カタログでも高額な値段が付けられている青島軍事が多いようです。
最安値で落札されている軍事切手は、使用済みまたは消印付の切手ほとんどです。
もちろんこれらの価格は目安に過ぎません。

希少性の高い軍事切手であれば消印付や印刷ミスなど美品扱いにならなくても、高値がつく場合もあります。
軍事切手を高値で売るのなら、専門知識が豊富な切手買取り専門店を利用するのがおすすめです。

参考:軍事切手を買取りしてくれるお店一覧

無料査定をしてくれるので、査定額に満足なら売ることを考えてみましょう。

軍事切手の特徴を徹底解説

軍事切手の大まかな意味は軍人が郵便をする際、郵便依頼数を管理する目的で使用されている切手とされています。

しかし、日本の軍事切手は、海外のものと少し違った特徴があります。
海外のような独自のデザインで印刷された切手は存在せず、当時普通に使用していた切手に「軍事」の文字を加刷していたものが日本の軍事切手になります。

同じ軍事切手でも形や軍事の文字間隔などによって種類が分けられ、価値も変わってきます。

【菊軍事】

1910年に発行された菊軍事の額面は3銭で売られていました。
普通切手である菊切手に軍事の文字が印刷されていますが、文字間の違いによってⅠ型とⅡ型に分かれています。
実際にはⅠ型しか存在しませんが、非常に古い切手のため美品に分類される切手はほとんど残っていません。

【大正白紙軍事】

1913年に発行された大正白紙軍事もまた3銭の額面で販売されていました。
縦横サイズが異なる3種類の切手が存在しますが、最も高い仕様は正方形の切手です。
市場に出回ることがほとんどないため、非常に価値の高い切手と言われています。

【旧大正毛紙軍事】

1914年に発行された旧大正毛紙軍事は、菊軍事にようにⅠ型・Ⅱ型に分かれているだけでなく、縦横サイズの違いがあります。
全部で7種類の仕様があり、最も価値が高い切手はⅠ型の正方形と言われています。

【新大正毛紙軍事】

1926年に発行された新大正毛紙軍事は、旧大正毛紙軍事の見た目とほとんど一緒ですが価値はこちらの切手の方が若干高いです。
平面版3種と輪転版1種が発行されていて、平面版3種の判別は「軍事」の文字間隔になります。

【青島軍事】

1921年に発行された青島軍事は、臨時発行の切手であるため発行枚数が非常に少ない切手です。
中国の現地部隊かた急遽発行されたので粗悪な状態なものが多いにも関わらず、非常に価値の高い切手と言われています。

軍事切手を高値で売るコツ

種類が豊富にある軍事切手を高く売るには、切手の保管状態に注意しましょう。
汚れや変色などがあるものは価値が大きく下がる可能性が高いです。
軍事切手は特に加刷してある文字の間隔が非常に重要になるため、熟練の鑑定士による査定が必要になるでしょう。
その為、専門知識豊富な切手買取り店に見てもらうのが最も安心です。

参考:軍事切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配での買取りや訪問査定にも対応している所もあるのでその利便性の高さも魅力です。