飛行郵便試行(飛行試行)切手の買取り相場はいくらなの?

大正時代に発行された飛行郵便試行を売る事を考えているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
日本切手カタログの評価額は以下の通りです。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用なら120,000(バラ)、13,000,000(シート)
  • 3銭…未使用なら170,000(バラ)、18,000,000(シート)

飛行郵便試行の評価額は額面やバラ・シート共に、未使用であればトップクラスの高値で売ることが可能でしょう。

2種類の切手の中では、額面3銭が特に評価が高くなります。
額が高いだけではなく、発行枚数は1銭5厘が5万枚に対して、3銭は3万枚と数が少ないので希少品です。

この切手は発行年が大正時代と古く、それに加えて今では発行されていない航空切手であること、さらに東京と大阪での限定販売といった要因が重なって高い価値が付けられています。

ネットオークションで売るケースだと最高値は記念葉書に貼ってある3銭に記念印が押してあるもので、41,100円で売ることができています。
鑑定書がついているのも高値の理由でしょう。
逆に最安値は1銭5厘に特印が押してあるもので81円でした。
もちろんこれらの値段は目安です。

飛行郵便試行(飛行試行)切手を高く売るのなら専門家のいる切手買取り店に鑑定してもらうのが一番です。

参考:飛行郵便試行(飛行試行)を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定を行っているので査定額に満足なら売ることを検討してみましょう。

飛行郵便試行(飛行試行)切手の特徴を徹底解説

1919年10月3日に発行された飛行郵便試行切手は、飛行試行の愛称で親しまれています。

日本で初めて飛行機の試験飛行が実施された記念に誕生し、当時飛行機の離着陸地点であった東京と大阪で販売されていました。
大正に改元した際に発行された田沢型旧大正毛紙切手をベースに、青色の1銭5厘には赤色の飛行機、赤色の3銭には青色の飛行機の図案が加刷されています。

航空郵便専用の切手であったため、通常のものに比べて発行枚数は少なく貴重です。
用途も限定されているのでエンタイヤの数もとても少なく、使用済みでも高値に期待できます。

発行初日の消印が押されているFDC(初日カバー)も貴重なので、さらに高値で売ることが可能でしょう。

飛行郵便試行(飛行試行)切手を高値で売るコツ

飛行郵便試行は田沢型旧大正毛紙切手に飛行機の図柄を加刷したものなので、偽造は比較的簡単で贋作にも注意が必要です。

高値で売るのなら、切手の真価が分かる査定員のいる切手買取り店にみてもらうのが安心です。

参考:飛行郵便試行(飛行試行)を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問査定を行っているの所も多いので忙しい方にもおすすめです。