犬山こども博覧会の切手の買取り相場はいくらなの?

希少性の高い犬山こども博覧会の切手を売る前に、まずは買取り相場を把握しておきましょう。

日本手カタログに記載されている評価額は、下記の通りとなっています。

  • バラ未使用…3,000円
  • バラ使用済み…2,500円
  • シート(10枚)…70,000円

使用済みのバラでも2,500円とかなり高い価値が付けられていることが分かります。
シートにはバラ10枚が並んでおり、「こども博覧会記念 犬山」と記載されています。

続いてネットオークションで売るケースを調べてみると、最高値は未使用シート2枚と使用済みシート2枚、合計4枚のセットで 154,000円でした。
最安値は、未使用品四枚で21円からあります。

ネットオークションで売る場合、バラで出品されているものよりも小型シートの方が高値になりやすいことが分かります。
また、最高値は保管状態が良かったためか目立った経年劣化が少ないです。
そのため、より価値を高めたと考えられます。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

犬山こども博覧会の切手を高く売るのなら、切手買取り店に見てもらうのがおすすめです。

参考:犬山こども博覧会の切手を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、買取り額に満足なら、本格的に売る事を検討してみましょう。

犬山こども博覧会の切手の特徴を徹底解説

犬山こども博覧会の切手は、1949年5月5日の「こどもの日」に発行された記念切手です
愛知県犬山町の犬山町遊園地で行われたこども博覧会というイベントに合わせて作られました。

犬山こども博覧会の切手に描かれているのは、同日に発行されたこどもの日記念切手と同じものです。

これは、博覧会を主催した当時の中日新聞社が名古屋の逓信局に記念切手を発行するよう依頼したのですが、地方のイベントで記念切手を発行することに乗り気ではなかった逓信局が、同日に発行される切手の絵柄を流用し発行したためです。

犬山こども博覧会の切手とこどもの日記念切手は絵柄は一緒ですが、目打ちの有無で違いを見分けられます。

目打ちがあるものはこどもの日記念切手で価値もそれほど高いわけではないのですが、目打ちがない犬山こども博覧会の切手はかなりの高値で取引されています。

なぜ犬山こども博覧会の切手は高値が付きやすいのかと言うと、実は地方のイベントの記念切手ということもあり販売していたのが博覧会会場と一部の郵便局だけだったためです。

また、そもそも発行枚数自体も10万枚と他の切手に比べて少なく、切手シートも当時高額だった50円ということもあり、手に入れること自体が困難でした。

そういった経緯もあり、希少性の高い犬山こども博覧会の切手は高値が付きやすくなっています。

犬山こども博覧会の切手を高値で売るコツ

犬山こども博覧会の切手というだけで高値が付きやすい状態なのですが、さらに高く売るのなら切手買取り店に査定依頼してみましょう。
切手買取り店なら深い知識を持った専門家が総合的に切手の価値を判断してくれます。

参考:犬山こども博覧会の切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配での査定や訪問査定に応じてくれるところも多いので大変便利です。