関東局30年の買取り相場はいくらなの?

貴重な関東局30年を売る事を考えているのなら、どのくらいの価値がある知っておきましょう。
まずは日本切手カタログでの評価額をご紹介します。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用5,000、使用済み5,000(シート600,000)
  • 3銭…未使用6,000、使用済み6,000(シート700,000)
  • 10銭…未使用55,000、使用済み55,000(シート7,000,000)

関東局30年は関東州(現:中国遼寧省大連市の一部地域)のみの限定発売であったため、日本での入手が非常に難しい切手でした。
日本での入手経路は通信販売のみで、当時は入手していたのはコレクターぐらいであり、現存するものは数少ないと考えられます。

そのため、買取り相場は3種全て高めで、使用済みでも高値で売ることが可能でしょう。

10銭が最も高い理由は、額面が高いということだけではなく発行枚数が3種の中で少なく希少だからです。
バラでも十分な価値がありますが、シートだと700万円もの相場に期待できます。
他の2種も単品よりもシートやまとめ売りをすると、もっと高値で買取ってもらえるでしょう。

ネットオークションで売るケースを調べてみると、最高値は1銭5厘のシートで134,100円で売ることができています。
逆に最安値はバラの1銭5厘が48円で落札されています。
ネットオークションですからもしかしたらその真贋が問題になったのかもしれません。
使用済みであること、シミがあること等がその評価額に影響した可能性も大です。
もちろんこれらの値段は目安です。

関東局30年を高く売るのなら、専門的な知識が豊富な切手買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:関東局30年を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、提示額が良い価格だったら売ることを本格的に検討してみましょう。

関東局30年の特徴を徹底解説

関東局30年は1936年9月1日に発行された記念切手です。
当時、満州国に設置されていた関東局の政治を30年続けた記念として発行されました。

関東局は元々満州国の成立によって日本の出先機関を統合するために、満州国の首都である「新京特別市」に在満州国日本大使館へ部局を設けたものです。
1931年に起きた満州事変で関東軍が満州を抑制したことで、関東軍が指揮をとり1932年、満州国が成立した経緯があります。
こちらの記念切手の額面は、1銭5厘・3銭・10銭の3種類あり、それぞれ発行枚数と図柄が以下のように異なります。

  • 1銭5厘…関東州の地図と鳩(発行枚数:30万枚)
  • 3銭…日露戦争戦歿兵士の納骨祠と表忠塔(発行枚数:30万枚)
  • 10銭…当時の関東庁の建物(発行枚数:5万枚)

発行当時は関東州のみ発行・販売されていたので、日本で購入するには通信販売で入手する方法以外購入することはできませんでした。
そういった影響もあり、関東局30年記念切手は限定発売により希少性の高い切手となっています。

尚、現在の関東局は関東経済産業局という名称に変更し、所在地も満州首都「新京特別市」から埼玉県さいたま市中央区新都心に移動しています。
日本の地方支部部局の一種であると共に、経済産業省の出先機関として役割を担っている状況です。

関東局30年を高値で売るコツ

関東局30年のように古くて入手経路が難しい記念切手は、他の切手に比べて高値がつきやすいです。
発行枚数の少ない10銭切手であれば、バラ売りでも高額で売ることができるでしょう。

しかし、関東局30年は状態の悪い切手が多いため、保管方法に気を遣う必要があります。
専用ファイルにきちんと収納しておいても、経年によってシミや色褪せが生じてしまうことがあるので注意してください。

売る際には、切手への深い知識を持っている切手買取り店が安心です。

参考:関東局30年を買取りしてくれるお店一覧

訪問査定や宅配買取りに対応しているお店も多いので非常に重宝します。