菊切手の買取り相場はいくらなの?

菊切手はかつて日本で発行されていた普通切手の一つです。
菊切手を売ることを検討しているのなら、買取り価格はどのくらいになるのか調べてみましょう。

日本切手カタログより菊切手の中でも特に価値の高いものをピックアップしてみます。

  • 25銭…未使用の場合、約24,000円
  • 50銭…未使用の場合、約23,000円
  • 1…未使用の場合、約30,000円
  • 5円…未使用の場合、約200,000円
  • 10円…未使用の場合、約300,000円

日本切手カタログによると未使用の場合、最も高値が付く額面は10円です。
未使用なら30万の価値に期待できるので、所持されている方は売却を検討してみても良いでしょう。

一方、ネットオークションで売るケースだと、バラ1枚の最高値は200,000円で売ることができています。逆に最安値は1円と落札額に幅がありました。
まず最高値の方は未使用品・裏糊有で状態も良いです。
一方、安値で取引されたものは、全体を覆うように押印している使用済みの状態でした。
同じ使用済みでも希少印であるか、また切手自体の見栄えから入札額も変わってきます。
また、高額取引が成立したものはまとめ売りしているケースが多いです。
まとめ売りの最高値は301,000円となっており、未使用で20種類全て揃った状態で出品されています。
全ての種類を揃えたいコレクターは多いので、まとめ売りの需要もあると言えます。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

菊切手を安定した高値で売るのなら、専門知識が豊富な切手買取り店に見てもらうのが一番です。

参考:菊切手を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定に対応しているので提示額に満足なら売ることを考えても良いでしょう。

菊切手の特徴を徹底解説

菊切手は1899年から1908年にかけて発行されました。
額面は5厘から10円までの20種類で、それぞれ色が異なりバリエーションが豊富です。
中央には大きな菊の御紋章が描かれています。
菊は天皇家の紋章であり、発行された当時は日清や日露など戦争が多発し、勝利を収めていた時代です。

描かれた菊紋はその当時の背景を表したデザインと言えます。

菊切手は偽物が出回った時期があり、実は偽物にもプレミア価値が付けられています。

騒動が発覚したのは1913年9月のことで、犯人はすぐに逮捕されて発行が中止となったため、偽物の流通は少なく被害は最小限に抑えられました。
この事件をきっかけに、偽造対策に毛紙が使われるようになりました。

偽物にもプレミア価値がつくのは、世に出回った数が少ないため、ある意味価値が高いという理由からだそうです。
本物と偽物の両方に価値がつくのは、世界中にある切手の中でも非常に貴重と言えるでしょう。

菊切手を高値で売るコツ

高値で売るのなら、まずは、切手の状態を確認しましょう。
汚れや変色が目立つものは大きく価格を下げるか、そもそも売れない可能性があります。
紙で出来ている切手は紫外線や湿気によるダメージを受けやすく、また歴史が古いものなのですでに劣化が進んでいるケースも多いです。

これ以上劣化が進行しないよう、売るまで専用ファイルなどに保管し、日差しや湿気を避けて適切に保管しておきましょう。

状態が良好なものであれば、かなりの高値が期待できます。

上記でもご紹介しましたが、本物と偽物の両方に価値が存在します。
それを見極めるためには専門的な知識や経験が必要になります。
その点、切手買取り店なら切手への造詣の深い鑑定士が丁寧に見てくれるので安心です。

参考:菊切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問買取りに対応しているお店が多いのも魅力です。