航空切手の買取り相場はいくらなの?

芦ノ湖

日本ではすでに発行が終了している航空切手を売るのなら、まずは買取り相場を調べておきましょう。
まずは、日本切手カタログの、未使用の価格を見ていきます。
(相場の単位は円)

・芦ノ湖
8銭5厘…14,000

・きじ
59円…17,000

・五重塔
20円(円位)…10,000

・立山
55円(銭位)…48,000

・大仏
145円…3,500

評価は全体的に高く、シートだと種類によって100万円以上の価値を持つものもありました。

では、次にネットオークションで売るケースを見てみましょう。
最高値のものは220,200円の値が付いて落札されていました。
これは未使用のシートで、状態もおおむね良好であったため高額の値がついたようです。
高額で取引されている航空切手の多くはシートやまとめ売りで、未使用の美品が集中しています。

一方、最安値は1円の落札価格で取引されていました。
出品する枚数もそれぞれ異なりますが、主に消印がついた使用済みのものだったので、落札価格も大幅に下がった様子です。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

航空切手を高く売るのなら、切手への知識が豊富な査定員のいる切手買取り店に鑑定してもらうのがすすめです。
こういったお店は無料査定をしてくれるので、提示額に満足なら売ることを検討してみると良いしょう。

航空切手の特徴を徹底解説

航空切手は航空郵便での利用を目的に発行されました。
しかし、日本では1953年に「航空郵便制度」が「速達郵便制度」と統合したため、普通切手が使えるようになったので発行はすでに終了しています。
1929年から発行が始まり、8種類のデザインが登場しました。

  • 芦ノ湖
    1929年から34年まで発行された種類で、箱根の芦ノ湖とフォッカー7型3M旅客機の図柄がデザインされています

    芦ノ湖

    額面は8銭5厘、9銭5厘、16銭、18銭、33銭の4種類です。
    中でも8銭5厘は発行枚数が少ないので最も高く、続いて価値が高いのは額面の大きい33銭となっています。

  • きじ
    きじ

    1950年に発行された「きじ航空」は、GHQ航空禁止令により航空機を所持できず、その配慮から国鳥のキジを図柄としています。航空切手は灰白紙が使われていますが、再版のものは白紙が使われています。
    また、発行枚数が50~100万枚と少ないため比較的価値は高めです。
    16、34、59、103、144円の5種類の中でも59円と144円は高値で売れやすいです。

  • 五重塔
    五重塔とダグラスDC-4型機が図柄に採用されており、銭位は1951年に登場し、後続の円位は1952年から62年まで発行されました。

    五重塔

    どちらも額面は15、20、25、30、40円の5種類です。
    1961年には自販機での発行を目的に、臨時で普通切手として30円の額面でコイル版が登場しています。
    コイル版は利用期間が短かったため、価値は少し高めとなっています。

  • 立山
    富山の立山とダグラスDC-4型機が図柄となったデザインで、1952年の2月に銭位、同年7月に円位が発行されています。

    立山

    額面は55、75、80、85、125、160円の6種類で、中でも55、75、80円は高い価値がついています。

  • 大仏
    鎌倉大仏と富士山、ダグラスDC-4型機がデザインされており、1953年に発行されました。

    大仏

    額面は70、80、115、145円の4種類です。

航空切手を高値で売るコツ

切手は額面だけではなく、発行枚数や状態なども評価に影響を与えます。
航空切手は種類が多いので、より評価が複雑で正確な査定には専門性が問われます。
高く売るのなら、知識豊富な切手買取り店にみてもらいましょう。

訪問査定や宅配買取りに対応しているお店も多いので大変重宝します。