満州国皇帝御来訪の買取り相場はいくらなの?

日本の歴史を語っているような満州国皇帝御来訪の切手を売るのならまずは買取り相場を知っておきましょう。
まずは日本カタログの評価額からご紹介します。
※単位は円

・1銭5厘…未使用500、使用済み300(シート11,000)
・3銭…未使用650、使用済み350(シート15,000)
・6銭…未使用2,700、使用済み1,700(シート60,000)
・10銭…未使用4,000、使用済み2,200(シート90,000)

全部で4種あり、1銭5厘と3銭はバラだとあまり高い価値は付きません。
その理由は、額面や発行枚数が関わっていると考えられます。
1銭5厘は約511万枚、3銭は約440万枚となっていますが、6銭と10銭はどちらも約87万枚と大幅に少ないです。
発行枚数が少ないということは、流通量も少ないため高値で売ることが可能になるでしょう。

ただ、使用済みだと少し値が下がってしまい、10銭だと半分ほどの価格にまで下がるので注意してください。
シートも額面に応じて大きく差がありますが、バラよりも高値になりやすいです。
そのため、シートはばらさずに売ることをおすすめします。

ネットオークションで売るケースだと、最高値は未使用のシート4種完で27,001円にて売ることができています。
最安値は1銭5厘が10円で落札されています。
最高値のものは美品でしたが最安値は汚れや変色が見られました。

満州国皇帝御来訪を高値で売るのなら専門知識豊富な切手買取り店に鑑定してもらうのが一番です。

参考:満州国皇帝御来訪を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定してくれるので買取り額に満足なら売ることを検討してみましょう。

満州国皇帝御来訪の特徴を徹底解説

満州国皇帝御来訪は、当時中国皇帝だった「溥儀」の来日記念に発行された記念切手で、別名「満州国皇帝訪問記念切手」とも呼ばれている切手です。
満州国皇帝は言うまでもなく「ラストエンペラー愛新覚羅溥儀」のことで、清朝を追われた後に満州国の「傀儡皇帝」として関東軍に利用された人物です。

1935年4月6日~24日までの19日間、日本を訪問しました。
発行年月日は1935年4月2日で、切手の額面は以下の4種類で発行されました。

  • 1銭5厘切手…511万5,000枚発行
  • 3銭切手…440万5,500枚発行
  • 6銭切手…87万1,500枚発行
  • 10銭切手…87万1,500枚発行

図柄は1銭5厘と6銭切手には「軍艦比叡と白塔」が、3銭と10銭切手には「赤坂離宮」という皇帝宿舎が描かれています。
なお、中国皇帝が来日する際のお召艦だった「比叡」の艦長は井上成美が務めたと言います。

切手の背景に描かれている白塔は、遼陽に存在しているもので日露戦争の古戦場かつ満州国のシンボルとして有名です。
満州国皇帝御来訪には全て日本の国章である菊花紋章が刷られています。
菊花紋章は、皇室が事実上家紋として使用しているもので、国章に準じた扱いを受ける紋章とも言えるでしょう。

満州国皇帝御来訪を高値で売るコツ

満州国皇帝御来訪を高く売る場合は、切手買取り専門店にみてもらう事をおすすめします。
こういったお店は切手に対する深い知識がある査定員がいるのでその真価を丁寧に見極めてくれます。

参考:満州国皇帝御来訪を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問買取りに対応している店舗も多いので気軽に利用してみましょう。