明治天皇銀婚記念切手の買取り相場はいくらなの?

明治27年(1884年)に発行された明治天皇銀婚記念切手は、日本で初めて作られた記念切手です。
明治天皇銀婚記念切手を売るのなら、まずは買取り相場のチェックです。

日本切手カタログを参照すると、2銭は15,000円、5銭は25,000円の価値がつき、シートになると2銭で90万円、5銭で140万円もの価値を付けることが分かっています。

ネットオークションで売る場合を調べてみると、
相場を調べてみると、最高値は2銭と5銭がセットになって5,521円、一番安いものは2銭1枚で1円となっています。
最安値の明治天皇銀婚記念切手には、消印が付いており、元々はがきに使われていたものを剥がしたものと考えられます。
一方、最高値の切手はセットになっているというだけでなく、未使用品であり保存状態も良好です。
目打ちや裏側まで綺麗であるため、高値が付いたと予想できます。
美品であればより価値は高まりますが、使用済みのものだとどうしても価値は落ちてしまうでしょう。
あくまでこれらの値段は目安に過ぎません。

明治天皇銀婚記念切手を高く売るのなら専門知識がある切手買取り店に見てもらうのが一番です。

参考:明治天皇銀婚記念切手を買取りしてくれるお店一覧

無料査定に応じてくれるので、買値に満足なら売ることを考えてみましょう。

明治天皇銀婚記念切手の特徴を徹底解説

明治天皇銀婚記念切手は、先程も少しご紹介したように日本で初めて作られた記念切手です。
赤色が2銭、青色が5銭の2種類で、どちらも凸版印刷で作られています。

日本は江戸時代まで征夷大将軍が日本全土を治めてきましたが、あくまで政治を任されていただけであり、昔から天皇が日本のトップにいました。
しかし、1868年の大政奉還を機に政権が天皇に返上されたことで、江戸時代から新たな明治時代へと移り変わっていったのです。
明治天皇はこの頃から日英同盟を締結させたり、慈善事業に尽くしたりと、日本国民のために多くの活動を行っていました。

そんな明治天皇と皇后の結婚25周年をお祝いしようと発行されたのが、明治天皇銀婚記念切手になります。

実はこの当時、今では当たり前となっている「銀婚式」や「金婚式」といった風習はありませんでした。
明治時代は欧米諸国の文化が日本に入り始めた時代です。
欧米諸国では銀婚を祝う習慣があったため、それを基に明治天皇の銀婚式をお祝いしたのだと考えられます。

実際に、明治天皇の銀婚式が行われるまでは銀婚を祝う習慣はありませんでしたが、それ以降広まって一般的になっています。

明治天皇銀婚記念切手は、記念切手に分類されていたためか発行枚数はそれほど多くありません。
2銭は1480万枚発行されていますが、5銭は100万枚のみの発行となっています。

発行枚数が少なければプレミアム価値が付きやすいため、高値で売ることができる可能性が大きいです。

明治天皇銀婚記念切手を高値で売るコツ

明治天皇銀婚記念切手を高値で売るコツは、バラでもファイリングして保存状態をキープすることです。
保存状態が悪ければ、いくら発行枚数が少ないプレミアム切手でも価値が落ちてしまいます。

また、正しい知識を持った査定がいる切手買取り店に売る方が確実な高値を狙えるでしょう。

参考:明治天皇銀婚記念切手を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は訪問査定や宅配買取りにも対応している所もあるので重宝します。