明治神宮鎮座10年の買取り相場はいくらなの?

明治神宮鎮座10年を祝って発行された記念切手を売るのなら、まずは相場を知っておくことが大切です。
日本切手カタログではそれぞれの種類に下記の相場が付けられています。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用800、使用済み400(シート95,000)
  • 3銭…未使用1,000、使用済み500(シート120,000)

約90年前に発行された記念切手ということで歴史のある切手ですが、発行枚数がどちらも約300万枚と比較的多いためそれほど高値ではありません。

ネットオークションで売る場合だと、最安値は3銭の100枚シートで72,000円にて売ることができています。
逆に最安値は1銭5厘のバラの使用済みで1円でした。
もちろんこれらの値段は目安です。

明治神宮鎮座10年を高く売るのなら切手への深い知識を持っている切手買取り店にみてもらうのが安心です。

参考:明治神宮鎮座10を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定をしてくれるので、買取り額に満足なら売る事を検討してみましょう。

明治神宮鎮座10年の特徴を徹底解説

明治神宮鎮座10年は名称通り、明治神社で鎮座祭りが行われて10周年を迎えた際に発行された記念切手です。
発行年月日は1930年11月1日で、額面は1銭5厘と3銭の2種類発行されました。
各額面の図柄は同じものを採用していますが、印刷色は異なり1銭5厘は緑色、3銭は朱色の単色印となっています。

1920年に発行された明治神宮鎮座記念切手も同じく明治神宮を図柄にしていますが、明治神宮の全体アングルや敷地内の木立の様子が違っています。

参考:明治神宮鎮座記念切手の買取り

明治神宮鎮座10年の図柄は全面の木立が排除され、創建当時よりすっきりとしたデザインであることが確認できるでしょう。

明治神宮は東京都渋谷区にある神社で、日本一参拝客数を誇る有名な場所です。
初詣などの時期は特に賑わい、人々が安寧を祈り安らぐ神社とも言われています。

このような執年記念行事を題材にした記念切手の発行は一般に25年が最低単位とされていますが、明治神宮鎮座10年記念切手は10年という想定外の発行で、非常に珍しい事例のようです。
これには、当時の日本経済が泥沼状態で政府が苦境に立たされていたため、明治神宮鎮座10周年を祝うタイミングで世論を操作したのではないかという一説がありますが、結果的には明治神宮の鎮座祭終了直後、当時の首相が狙撃され、あまり効果はなかったと言われています。

明治神宮鎮座10年を高値で売るコツ

明治神宮鎮座10年をできるだけ高値で売るためには、切手に折れ目や汚れなどが付いていないことが重要なポイントです。
保管方法を疎かにしてしまうと、経年や紫外線などの影響で劣化を早めてしまいます。
希少性の高い記念切手はクリアファイルか切手専用のストックブックなどに入れて、保管するようにしましょう。
また、明治神宮鎮座10年記念切手はバラで売るより、他の切手と一緒にまとめて売る方が高値になりやすいです。

買い手選びも重要です。
当たり前ですが買い手には切手の価値が分かる者を選びましょう。
切手買取り店なら切手への深い知識を持った鑑定士がいるのでおすすめです。

参考:明治神宮鎮座10を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は宅配買取りや訪問査定にも対応している所が多いので大変重宝します。