日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取り相場はいくらなの?

日露戦争後、陸軍の凱旋観兵式を祝して発行された「日露戦争凱旋観兵式記念切手」は、発行数が限定された記念切手の一つ。
発行数の少なさや、発行から100年以上経過しているので希少性が高く、プレミアム価値が付いています。
そんな日露戦争凱旋観兵式記念切手を売るのなら、まずは買取り相場のチェックから始めましょう。

日本切手カタログを参照すると、未使用の1銭5厘は1枚が14,000円、シートで1,500,000円となっています。
未使用の3銭は1枚が25,000円、シートは2,800,000円となっていました。
額面によって1枚あたり1万円以上の差があり、シートなら130万円程の差があると分かりました。
さらにネットオークションので売る際の最高値・最安値を調べたところ、1銭5厘の1枚の最高値は9,250円、1枚の最安値は400円です。
3銭1枚の最高値は1枚16,000円、1枚の最安値は810円で売る事ができています。
こちらも3銭の方が高い金額で取引されているようですが、日本切手カタログの価格と比べて大きく下回っています。
また、同じ1枚ものでも高値と安値では大きな差があり、これは状態の良し悪しが関わっています。
最高値は多少の劣化が見られるものの、保存状態が良好だったのか美品となっていました。
一方、最安値の方は色焼けやシミなど経年劣化が目立ちます。美品と並品では数千円以上も価格が変わるため、高値で売りたい方は状態を一度確認してみましょう。
ただ、ご紹介した金額はネットオークションの参考価格なので、あくまでも売る際の目安に過ぎません。価格の幅が非常に広いため、切手に対する深い知識を持った切手買取り店に見てもらうのがおすすめです。査定自体は無料のお店が多いので買取り額に満足なら売ることを検討すると良いでしょう。

日露戦争凱旋観兵式記念切手の特徴を徹底解説

日露戦争凱旋観兵式記念切手は1906年4月29日に発行された記念切手で、額面は青の1銭5厘と赤の3銭の2種類があります。

記念切手であるため元々の発行枚数が少なく、買取り価格にも反映されています。

日露戦争凱旋観兵式記念切手は日本が日露戦争で勝利し、陸軍凱旋観兵式の開催を記念して発行されました。
日露戦争は1904年2月から1905年9月まで続いた戦いで、日本帝国とロシア帝国は朝鮮半島と満州の権益を巡って争いました。
戦後、日本は満州の租借権や南樺太を得ますが、のちに講和条約としてアメリカを仲介にポーツマス条約を締結します。

デザインは中央には陸軍兵器が描かれており、他にも絵ハガキやスタンプなども多くの記念品が登場しました。
どれも当時の歴史の一部を見られることから人気があります。

大きな特徴は国号が記載されていないところです。
20世紀に発行されたもので国号の記載がないのは、日露戦争凱旋観兵式記念切手と日韓通信合同記念切手の2つだけで、非常に貴重です。
また、日本で初めて記念印を押されたのが日露戦争凱旋観兵式記念切手で、この観点で見ても希少性の高さが伺えます。

日露戦争凱旋観兵式記念切手を高値で売るコツ

日露戦争凱旋観兵式記念切手を高値で売りたい場合は、バラとシート問わずファイリングし、保存状態をキープしておきましょう。
発行から100年以上経つ貴重なものなので、特に保存状態には注意が必要です。
日差しや湿気に弱いので、直射日光や湿気がこもりやすい場所への保管は避けましょう。
取りだす際は専用のピンセットなどを使うと手脂の付着防止になるのでおすすめです。

また、切手の価値は専門知識が無いと分からないので、高く売るのなら正しい知識を持つ査定士に見てもらうことが望ましいです。
その点、切手買取り店なら深い知識を持っているので安心です。

こういったお店は宅配査定や訪問買取りにも対応しているので非常に重宝します。