竜銭切手の買取り相場はいくらなの?

貴重な竜銭切手を売るのなら、まずは買取り相場をチェックです。

竜銭切手は額面によって第1版から第3版とあり、同じ額面でも評価額が大きく異なります。
「日本切手カタログ」の評価額を参考に、各額面で最も高い未使用の評価額をご紹介しましょう。
※単位は円

  • 半銭(第2版 褐・無厚)・・・330,000
  • 1銭(第3版)・・・1,700,000(縞紙)、2,400,000(無地紙)
  • 2銭(縞紙・無地紙)・・・110,000
  • 5銭(青緑・無地紙)・・・300,000

竜銭切手は1~10万円台のものが多く、1銭に関しては第3版のものが100万円台の評価となっていました。
日本で2番目に発行された切手であり、さらに後続の桜切手がすぐに登場したため発行期間が短いです。
そういった理由で希少性があり、高く売ることが可能になっています。
使われている紙によっても値段は変わり、縞模様よりも無地紙を使っているものに高値が付きやすいです。

ネットオークションで売るケースを調べてみると、最高値は竜銭切手5銭の3種セットで177,500円で売る事ができています。

逆に最安値は参考品で1円からあります。

高値で売るのなら、深い専門知識を持っている切手買取り店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:竜銭切手を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定をしてくれるので提示額に満足なら売る事を本格的に考えてみましょう。

竜銭切手の特徴を徹底解説

1872年に発行された竜銭は、竜文に続き日本で2番目に誕生した切手です。

参考:竜文切手買取り

通貨が「文」から「銭」に変わったため、それを分けるために竜銭と名付けられています。

竜文にミシン目がありませんが、竜銭にはミシン目が付いています。

さらに後期に発行されたものは裏糊がついており、現代の切手の形の原型とも言えるでしょう。

図柄は手彫りの板に柄を彫り、職人の手で印刷されていました。
配色は柄の色と黒字の額面で構成された2色刷りとなっています。

優れた職人でも同じ版を作ることは難しく、偽造防止にも役立っていました。
竜銭切手には1枚1枚わずかに差異があるので、コレクターの間で珍重されています。

竜銭は縞紙と無地紙の2種類があります。

縞紙は透かすと縞模様が浮き出るもので、無地紙は縞模様が浮かない紙です。
柄の色は額面によって異なり、また同じ額面でもやや色が異なるものが存在します。

例えば、半銭なら褐色や黒褐色、灰褐色があり、5銭は緑と青緑があります。
それに加えて、半銭は第1版、第2版、1銭では第1版から第3版と細かく分けられます。
大きくデザインが変わることはありませんが、縦のサイズや輪郭の罫の間隔などにやや違いが見られます。

非常に細かな違いなので個人で見分けることは難しいため、専門的な査定で違いや価値を確認してみましょう。

竜銭切手を高値で売るコツ

竜銭切手の正確な発行枚数は不明ですが発行時期が短いので、未使用で現存するものが少ない可能性があります。
その上、とても古いので経年劣化を起こしているものが多いと予想されるため、未使用品や経年劣化が軽い美品は高く売ることが可能です。

竜銭切手を売るのなら、専門知識豊富な切手買取り店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:竜銭切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問による買取りに対応してくれるところも多いので大変便利です。