桜切手の買取り相場はいくらなの?

桜切手を売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
桜切手は1872年~1874年まで発行されており、切手の種類が非常に多いです。
1972年~1973年に発行された桜和紙カナ無し縞紙(額面20銭)の桜切手は、日本切手カタログでは約2,000,000円という高額な値が付いていました。

一方、ネットオークションの平均相場を調べてみると、印刷面にあるカナの有無や額面の仕様は異なりますが、26,000円前後です。
最高値は消印付きの洋紙カナなし(額面30銭)で366,000円で売る事ができています。
最安値は額面10銭の青い手彫り切手が使用済みで1円でした。
桜切手は出品物の劣化や消印付きなど状態によって値段に差が出やすくなります。
もちろん、これらはあくまでも目安でしかありません。

桜切手を高値で売るのなら、切手に対する豊富な知識がある切手買取り店に見てもらうのが安心です。

参考:桜切手を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定してくれるので、査定額に満足なら売る事を考えてみましょう。

桜切手の特徴を徹底解説

桜切手は日本で1872年に発行された普通切手です。
4隅に桜の模様が印刷されていることからこのような名称がつけられました。
竜切手の後継となった切手で様々な額面が発行されています。
また、額面に加えて用紙の種類やカナの有無等によってさらに細分化されているのも大きな特徴です。

その数は40種類以上にも及ぶためここで全種類は紹介できませんが、人気の高い種類をいくつかピックアップしてみましょう。

【桜洋紙カナ無し】

  • 額面:4銭、30銭
  • デザイン:縦型(赤×白)
  • 発行年度:1874年

洋紙製の素材を使って紫外線に強い切手となっています。
30銭の桜切手は、現存数が少ないため市場でほとんど見ることはありません。
そのためプレミア切手と言われ、未使用であれば数千万円以上で売る事ができる可能性があります。

【桜洋紙カナ入り】

  • 額面:半銭、1銭、2銭、4銭、6銭、10銭、20銭、30銭
  • デザイン:縦型(緑、その他)植物
  • 発行年度:1874年

こちらの仕様は、在庫管理目的で製造されたカタカナ記号が印刷されている洋紙製切手です。
額面は7種類もありますが、額に関係なく美品であれば高額買取の対象になるでしょう。

カナ記号によってプレミア度が異なるため、プロの鑑定士が在籍するお店で査定してもらうことをおすすめします。

 

桜切手のを高値で売るコツ

桜切手は上記でご紹介した切手以外に「桜洋紙改色カナ入り」や「桜和紙カナ無し」「桜和紙カナ入り」など、非常にたくさんの種類があります。
また、桜切手は人気が高いことを利用しレプリカや贋作も多数出まわっている可能性があります。
どの種類か、本物かどによって売る際の値段に大きく影響するため、知識が豊富な切手買取り店に査定してもらった方が良いでしょう。

参考:切手買取りについて

こういったお店は訪問買取りや宅配による査定を行っている所も多いので非常に便利です。