伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取り相場はいくらなの?

三重の伊勢神宮の図柄が採用された式年遷宮記念切手を売るのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
日本切手カタログの評価は次のようになっています。
(単位は円)

  • 1銭5厘…未使用600、使用済み350(シート80,000)
  • 3銭…未使用700円使用済み400(シート90,000)

未使用の美品であれば600~700円で売る事が可能でしょう。
発行枚数は1銭5厘が342万枚、3銭が344万5000枚と大きな差がないので、相場も似たようなものとなっています。

この発行数も当時の年代だと平均的なので、大きな値上がりにはなりにくいです。
使用済みだと半値近くに下がるので注意しましょう。

バラだとやや値が低い傾向にあるので、シートや複数枚同時に売ることで高値につながるでしょう。

ネットオークションで売るケースを見てみると、最高値は1,500円、最安値では41円で取引されていました。
最高値のものは2種が4枚ずつとまとめ売りされており、未使用で比較的に美品の状態です。
一方、最安値が2種が1枚ずつ出展されており、最高値のものと比べるとシミや黄ばみが目立っています。
もちろんこれらの価格は目安に過ぎません。

伊勢神宮式年遷宮記念切手を高く売るのなら、専門知識豊富な査定のいる切手買取り店にみてもらうのが安心です。

参考:伊勢神宮式年遷宮記念切手を買取りしてくれるお店一覧

無料査定に応じてくれるので、査定額に満足なら売る事を本格的に検討してみましょう。

伊勢神宮式年遷宮記念切手の特徴を徹底解説

伊勢神宮式年遷宮記念切手は、1929年10月2日に58回目の遷宮を祝して誕生しました。
額面は2種あり、図案には伊勢神宮の内宮が採用されています。
1銭5厘は青、3銭は赤で印刷されているのが特徴的です。

題材となっている遷宮とは、神殿を修理や立て替える際に身体を戻すことを指します。
伊勢神宮では20年ごとに内宮、外宮など14の別宮を建て替えており、何度も遷宮が行われています。
今でも歴史と伝統が残る伊勢神宮を題材にした切手は数多くあり、コレクターには非常に人気です。

発行してから年月が経つので、買取り業者では使用済みでも対応しているケースが多いです。

また、発行日の消印が付いたFDC(初日カバー)はプレミア価値が付きやすいので、持っているが売ることを検討されているという方は、査定に出してみると良いでしょう。

伊勢神宮式年遷宮記念切手を高値で売るコツ

切手は美品かどうかも高値で売る大切な要素です。
買取り額を見てもらうと分かりますが、使用済みのものは価値が大きく下がってしまいます。

発行から80年以上経過しているので、切手自体古く、状態があまり良くないものも少なくないでしょう。
ただ引き出しの中などに入れているだけでは劣化を進ませるだけなので、正しく保管して劣化を抑えることが値下がりを軽減するポイントです。

伊勢神宮式年遷宮記念切手を少しでも高く売るのなら、切手の価値を熟知している鑑定士のいる切手買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:伊勢神宮式年遷宮記念切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問買取りに対応しているところも多いので大変重宝します。