司法保護記念日記念切手の買取り相場はいくらなの?

司法保護記念日記念切手を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしておきましょう。

日本切手カタログでの評価額は、バラが未使用で800円でした。
使用済みでも600円と評価額にあまり差はありません。
また、1シート80枚のものは未使用で80,000円となっています。

プレミア付きの切手に比べるとそこまで評価は高くありませんが、額面2円に対してこのような評価額が付けられるのは、希少性も加味されていると考えられます。

続いて、ネットオークションで売るケースだと、最高値は12枚のセット売りで850円でした。
逆に最安値はバラ1枚が93円です。
あくまでこれらの数字は参考でしかありません。

司法保護記念日記念切手を高値で売るのなら、専門的な知識がある査定員のいる切手買取り店に鑑定してもらうのがおすすめです。

参考:司法保護記念日記念切手を買取りしてくれるお店一覧

無料査定をしてくれるので、満足のいく買取り額なら売ることを考えてみましょう。

司法保護記念日記念切手の特徴を徹底解説

司法保護記念日切手は、1947年9月13日に発行されました。
司法保護運動開催を記念して発行されたもので、刑期を終えた方たちの社会復帰や更生を支援する運動を意味します。
額面は2円のみの1種類で、図柄はスズランに女性の手が添えられているデザインが採用されました。
スズランには「幸福の再来」という花言葉があり、この手のモデルは切手周知係の女性であることが話題になっています。

小指が少し長いことから「お化け小指」という別名があることもコレクターの中では有名な話です。

司法保護運動の歴史については1933年に「司法保護の日」(司法保護デー)が司法保護事業団によって制定され、日本の保護機関や司法保護などの知名度が一気に広がりました。
戦後は更生保護以外に犯罪予防活動も加わり、保護観察や犯罪予防のための法律も改正されます。

実は郵政省では、発行することにあまり意欲的になれなかったようですが、当時インフレに悩んでいた司法省が予算獲得のために発行したことでも有名です。

現在日本には「司法保護記念日」というものは存在しませんが、1952年以降毎年11月27日は「更生保護記念日」に統合されています。

司法保護記念日記念切手を高値で売るコツ

犯罪予防と犯罪者の更生を見守ることを意味する司法保護記念日記念切手は、プレミアという視点で見ると価値は低いかもしれません。
しかし、状態やコンディションによって高値で売ることができる可能性はあります。

もしも、シートで所有しているのであれば切り離すのはNGです。
バラで売るよりもシートで売った方が、価値が上がります。

また、司法保護記念日記念切手を売るのなら、専門知識が豊富にある切手買取り店に鑑定してもらいましょう。

参考:司法保護記念日記念切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問買取りにも対応している所が多いので利便性の高さも魅力です。