昭和立太子礼切手の買取り相場はいくらなの?

1916年に発行された「昭和立太子礼切手」が自宅にあるのなら、売ることを考えてみてはいかがでしょうか。
売るのならまずは買取り相場をチェックです。

昭和立太子礼切手の買取り相場は、日本切手カタログだと下記のようになっています。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用1,500、使用済み300
  • 3銭…未使用2,200、使用済み400
  • 10銭…未使用250,000、使用済み85,000

それぞれ使用済みでも額面より高値が付いていますが、特に10銭は高値が付けられています。

では、ネットオークションで売るケースでは、どれくらいの金額で落札されているのでしょうか?
昭和立太子礼切手の最高値は極美品の10銭で160,000円で売ることができています。
一方、最安値は使用済みの3銭で1円でした。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

昭和立太子礼を高値で売るのなら、専門的な知識が豊富にある切手買取り店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:昭和立太子礼を買取りしてくれるお店一覧

無料査定に応じてくれるので、提示された買い値に満足なら売ることを検討してみましょう。

昭和立太子礼切手の特徴を徹底解説

昭和立太子礼切手は、裕仁親王による立太子礼を行った際に記念して発行された記念切手です。

立太子礼とは、皇太子が自ら立太子を宣明することにより、天皇の跡継ぎとなる人物を日本国内及び海外へと示すことを指します。
1912年に明治天皇が崩御されたため、第123代天皇となった嘉仁親王が践祚し、大正時代へと移り変わっていきました。
そんな中で次の跡継ぎを示すために、立太子礼が行われています。

この時、後の昭和天皇となる裕仁親王は15歳で陸海軍大尉に昇任されていました。
立太子礼が行われたのは11月3日で、同日に発行されたのが昭和立太子礼切手です。
ただし、この時は「昭和」という名前はまだ使われておらず、額面には「立太子記念切手」と記載されています。

昭和立太子礼切手には、1銭5厘と3銭の方におしどり模様、10銭には儀式に使われた冠が描かれています。
冠というのは元々公家や武家の成人が着用する被り物であり、大正大礼記念切手でも儀式に用いた冠が切手の絵柄になっていました。

この冠が描かれた切手はおしどり模様が描かれた2種とは異なり、発行枚数がかなり少なかったので高値で売ることが期待できます。

昭和立太子礼切手を高値で売るコツ

昭和立太子礼切手をより高値で売るのなら、バラで1枚1枚売るよりも3種セットで売った方が高値になりやすいです。
また、エンタイヤなどが付いていない未使用品だったり、保存状態が良く日焼けなどの経年劣化があまり見られなかったりする場合も買取り額に期待できます。

売る際は、切手への造詣の深い査定員のいる切手買取り店に鑑定してもらいましょう。

参考:昭和立太子礼を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問査定にも対応しているお店が多いのでその利便性の高さも大きな魅力です。