昭和大礼記念切手の買取り相場はいくらなの?

昭和大礼記念切手を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしましょう。
全部で4種あり、日本切手カタログではそれぞれ次の評価額が付けられています。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用250円、使用済み170(シート30,000)
  • 3銭…未使用250円、使用済み200(シート30,000)
  • 6銭…未使用1,500円、使用済み700(シート200,000)
  • 10銭…未使用2,800円、使用済み800(シート300,000)

1銭5厘と3銭は未使用でも250円ですが、シートなら3万円の価値があります。
他2種は未使用なら1000円以上とより高く、シートであれば20万円以上で売ることが期待できます。
ここまで相場に差がある理由は、発行枚数の違いです。
6銭は255万6000枚、10銭は258,900枚と発行枚数が他2種よりも少なめなので、高値が付きやすくなっています。

ネットオークションで売るケースを見てみると、最高値は3銭の100面シートで33,833円でした。
若干シミ等ありますが、美品です。
逆に最安値は1銭5厘の使用済みが1円でした。
状態がいまいちなのでこの値段になったのでしょう。
もちろんこれらの価格は目安に過ぎません。

昭和大礼記念切手を高く売るのなら、専門知識をしっかり持っている切手買取り店に見てもらうのが安心です。

参考:昭和大礼を買取りしてくれるお店一覧

無料査定に応じてくれるので買値に満足なら売ることを本格的に考えてみましょう。

昭和大礼記念切手の特徴を徹底解説

皇太子の裕仁親王が天皇に即位した記念に誕生された切手で、1928年11月10日に発行されました。
図柄は中国神話の霊鳥である鳳凰と、大嘗祭を執り行う際に設置される大嘗宮の2種類です。
鳳凰は1銭5厘(緑)、6銭(赤)、大嘗宮は3銭(紫)、10銭(青)にデザインされています。

少しでも高く売りたい場合はシートや他の切手と組み合わせ、複数枚一緒に査定買取りに出すと納得のいく価格になるでしょう。
4種揃っているとコレクション的な価値があるので、全部揃っている場合はまとめて売ることをおすすめします。

また、発行日の消印が入った切手はFDC(初日カバー)と言われ、使用済みでも高く売ることが可能な場合が多いです。
FDCは高値が付きやすいので、お持ちの方は売ることを考えてみましょう。

昭和大礼記念切手を高値で売るコツ

切手買取りでは未使用かつ美品のものが高く売れる傾向があります。
ただ引き出しなどの中に収納しているだけでは劣化が進んでしまうので、売るまで丁寧に保管しておきましょう。
シワや汚れは専用ファイルやアルバムに入れることで防止できます。
湿気や日差しも劣化の原因となるので、湿気の多い場所や直射日光を受ける場所での保管は避けてください。

また、どこで売るかによっても、買い値が変わってきます。
昭和大礼記念切手は種類によって相場が変わるので、売る際は、切手に知識の無いお店は避けましょう。

高値で売るのなら、専門知識が豊富にある切手買取り店が安心です。

参考:昭和大礼を買取りしてくれるお店一覧

最近は店舗買取りだけではなく、出張買取りや宅配査定に対応しているお店も増えているので非常に便利です。