大正大礼記念切手の買取り相場はいくらなの?

1915年に発行された「大正大礼記念切手」を売ることを検討されている方もいらっしゃるかと思います。
売るのならまずは、買取り相場を知る事が大切です。

日本切手カタログによると、大正大礼記念切手は評価額は額面ごとに異なります。
ここでは未使用の場合の評価額をご紹介していきましょう。
※単位は円

  • 1銭5厘(式典の冠)…2,000
  • 3銭(高御座)…2,000
  • 4銭(紫宸殿式場・赤)…5,000
  • 10銭(紫宸殿式場・青)…19,000

1銭5厘と3銭はどちらも発行枚数が2000万枚以上で、残存数が比較的多いため、同程度の価値が付けられていますが、4銭と10銭に関しては、1銭5厘と3銭の10分の1しか発行されませんでした。
売る際は4銭と10銭を中心に高値が付きやすいでしょう。

ネットオークションサイトで売るケースをみてみると、最高値は3銭の100面1シートで32,000円でした。
逆に最安値は4種セットですが1円で落札されています。
使用済みであり、日焼けや汚れなどが目立っていることが安値の原因でしょう。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

高値で売るのなら、専門的な知識を持っている査定員のいる切手買取り店にお任せするのが一番です。

参考:大正大礼記念切手を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定をしてくれるので、提示額に満足なら売ることを本格的に考えてみましょう。

大正大礼記念切手の特徴を徹底解説

大正大礼記念切手は、1915年に発行された切手で、大正天皇の即位を記念して発行されました。

大正大礼記念切手が発行される前の記念切手は、多くて2種類までとなっていました。
例えば日本で初めての記念切手となる明治天皇銀婚記念切手は赤色と青色の2種類で、絵柄に違いはありません。

しかし、大正大礼記念切手に至っては1銭5厘が式典で用いられた冠、3銭は天皇の玉座で即位の礼に用いられる高御座(たかみくら)、そして4銭と10銭で天皇元服や節会などが行われる紫宸殿(ししんでん)が青と赤でそれぞれ描かれ、全部で4種類発行されています。

この大正大礼記念切手をきっかけに、1つの記念切手でも2種類以上発行されるようになったのです。
また、切手の絵柄から読み取れることとして、紫宸殿の描かれ方が見下ろすような形で描かれています。
紫宸殿のような皇室を題材に描く場合、基本的には正面から、もしくは見上げるような視点で描かれることがほとんどです。

大正大礼記念切手が欲しい人は多いので、もし発見したら売ることを考えてみたらいかがでしょうか?

大正大礼記念切手を高値で売るコツ

高値で売るコツとしては、まず保管環境を見直してみましょう。
できればファイリングをして日差しが当たらないように保管しておくことで経年劣化を軽減させられます。
また、見つけた時点ですでに経年劣化が進んでいるようなら、早めに売った方が良いでしょう。

また、買い手選びも重要です。
高く売るのなら切手への深い知識を持っている切手買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:大正大礼記念切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配による買取りや訪問査定に対応しているお店が多いで忙しい方でも利用できます。