大正天皇銀婚記念切手の買取り相場はいくらなの?

1925年5月10日に発行された大正天皇銀婚記念切手は、その名の通り大正天皇の銀婚式を祝って作られた記念切手です。
売ることを検討しているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

日本切手カタログを確認してみると、その価値は種類ごとに異なり、1銭5厘は500円、3銭は1,000円、8銭は7,000円、20銭は20,000円の価値を付けています。

では、ネットオークションで売る場合、どれほどの価値を付けるのでしょうか?

最高値3銭の記念スタンプ付きで 1,000円、最安値は1銭5厘1枚で15円という価値が付いています。

日本切手カタログに比べてみると、かなり安くなっていることが分かります。
最安値の切手を確認してみると、目打ちの隅部分が少し破れているような形をしています。
ただ、保存状態はそれほど悪くなく、日焼けなどもありませんでした。
これらの数字はもちろん目安に過ぎません。

大正天皇銀婚記念切手のようなプレミア付きの切手を売るのなら、切手買取り店に見てもらうのがおすすめです。

参考:大正天皇銀婚記念切手を買取りしてくれるお店一覧

買取り店なら無料査定をしてくれるので、買取り額に満足なら売ることを考えてみましょう。

大正天皇銀婚記念切手の特徴を徹底解説

大正天皇銀婚記念切手は、大正天皇の銀婚式を記念して作られました。
切手が発行された5月10日と11日には「銀婚式奉祝日」が設けられ、祝賀行事が全国各地で行われました。
銀婚式は元々ドイツで発祥した風習なのですが、明治天皇の銀婚式が行われてからは大正天皇以降も続けて銀婚式をお祝いされています。

発行枚数は1銭5厘と3銭が500万枚ずつ、8銭が30万枚、20銭が20万枚と、それほど多く発行されていません。
発行枚数が少なければ少ないほど、プレミアムも付きやすいので8銭や20銭は特に価値が上がりやすいです。

図柄は主に2種類存在し、1銭5厘と8銭は真ん中に菊の花とそれを囲う2羽の松喰い鶴が描かれています。
一方、3銭と20銭には鳳凰が優雅に空を飛んでいる姿が描かれています。

松喰い鶴は、奈良時代に東ローマやペルシアから伝来したとされる「花喰い鳥」の模様を日本風にアレンジした模様です。
鶴と松はどちらも延命長寿を意味する瑞鳥・瑞木ということから、二重に延命長寿への願いが込められています。
鳳凰も鶴と同じ瑞鳥であり、たくましさや向上などを象徴としています。

また、鳳凰は人に幸福を届けるということから、愛情の象徴にもなっています。

大正天皇銀婚記念切手に描かれている2つの絵柄は、どちらもおめでたい絵柄であることが分かります。
絵柄のおめでたさや美しさから、コレクター人気も高いです。

大正天皇銀婚記念切手を高値で売るコツ

大正天皇銀婚記念切手はバラでも高値が付きやすいですが、4枚セットになっているとより高値が付きやすくなります。

大正天皇銀婚記念切手を高値で売るなら、切手買取り店がおすすめです。
いくら保存状態が良好であっても、高値が付かない場合もあるので、専門的な知識を持った人物に正しい価値を見極めてもらった方が良いです。
実績豊富な切手買取り店ならその点安心です。

参考:大正天皇銀婚記念切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問買取りにも対応しているところが多いので大変便利です。