田沢切手の買取り相場はいくらなの?

田沢切手は1913年~1937年まで長い間発行されていたため、印刷の大きさや図柄、紙質、色などバラエティーが豊富で非常にたくさんの種類の切手が発行されています。
田沢切手を売るのなら、まずは買取り相場のチェックから始めましょう。

額面は5厘から1円までありますが切手カタログの中で値段が高いのは、額面1円の田沢型大正白紙(未使用の場合)で200,000円となっています。
この他、価値の高い額面については、田沢型旧大正毛紙(未使用の場合)の、額面5円が120,000円、額面10円の180,000円です。

次はネットオークションで売るケースを見てみましょう。
複数枚セットで出品されている切手やバラ1枚で出品されているものなど出品状態は異なりますが、最安値では1銭5厘・3銭・10銭の3枚セットで1円で落札されていました。
1円単位の最安値で取引されているものは、使用済みや消印付きなどが多く見つかりましたが、未使用品でも保管状態が悪く折れ目やシミなどがついているなどの理由によって低価格で落札されているようです。

最高値は、旧大正毛紙の額面20銭が57枚1シートで258,278円で売る事ができています。
目打ち切れや折れ目など難あり商品にも関わらず、高額な値段で取引されていることが分かります。
上記で出した価格はあくまでも目安にしか過ぎません。

田沢切手を高値で売るのなら、専門知識豊富な査定員のいる切手買取り店に見てもらうのが安心でしょう。

参考:田沢切手を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定してくれるので提示された金額に満足なら売ることを考えてみましょう。

田沢切手の特徴を徹底解説

田沢切手は1913年~1937年と、かなり長い期間発行されていた切手です。
民間に公募した図案が採用された応募者・田沢昌言氏の名前を取って、田沢切手という名称が付けられました。

しかし、民間といっても田沢氏は官庁の役人兼専門家です。
図柄から一般の人では考案できないデザインと技術を感じることでしょう。

印面サイズは3種類あり、紙質は白紙と毛紙の2種類です。
そのうち「透かし」が大正と昭和の2種類あり、大正白紙・大正毛紙・新大正白紙・新大正毛紙・昭和白紙など、非常に多種多様な仕様に分かれています。

図柄は当時流行していた西洋風の図柄が採用され、発行当初は透かしのないシンプルな紙質の白紙で作られていましたが、菊切手などに偽造品が流出したことをきっかけに、田沢切手も偽造防止のため毛紙へと切り替わりました。

田沢切手を高値で売るコツ

田沢切手は、同じ額面でも色味や紙質などが少しずつ違っています。
所有している切手が大正毛紙なのか昭和白紙なのか調べてみてください。

しかし、田沢切手の違いは非常に細かく、自身で見分ることができない方もいるでしょう。
25銭の昭和白紙などのようにプレミア切手に含まれるものでも、素人では価値のない切手と同じように見えることもあります。

田沢切手の違いは非常に細かいため、それを見分けられる者に売ることが非常に重要なのです。
高値で売るのなら、切手への造詣の深い鑑定士のいる切手買取り店に査定してもらいましょう。

参考:田沢切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問での査定に応じている所も多いため忙しい方にもおすすめです。