逓信記念日制定記念切手の買取り相場はいくらなの?

1934年(昭和9)に発行された逓信記念日制定記念切手を売る事を検討しているのならまずは買取り相場をチェックしておきましょう。

日本切手カタログで確認してみると、未使用品で35万円、使用済みでも33万円の価値が付いていることが分かりました。
逓信記念日制定記念切手はバラの切手ではなく、1シートに4枚組み合わせたものが発行されているので、4枚組の価格です。

ネットオークションで逓信記念日制定記念切手を売るケースを調べてみると、最高値は美品で160,590円で売る事ができています。
最安値は模刻品が550円で落札されています。
もちろん、これらの価格はあくまで目安に過ぎません。

逓信記念日制定記念切手を高値で売るのなら、その真価が分かる鑑定員のいる切手買取り店に見てもらうのがおすすめです。

無料査定をしてくれるので、査定額に満足なら売ることを考えてみましょう。

逓信記念日制定記念切手の特徴を徹底解説

逓信記念日制定記念切手は、1934年に逓信省によって制定された「逓信記念日」の記念で発行された切手になります。

元々日本では郵便を出す際に飛脚が用いられてきました。
1871年(明治4)4月20日からは日本で導入されていた飛脚制度から郵便制度へと変化していきました。
さらに1934年になると通信事業特別会計が創設され、郵便事業は一般会計から分離することになります。
この時、逓信省が4月20日を逓信の記念事業として逓信記念日に制定したのです。

逓信記念日制定記念切手は、当時開催されていた逓信文化展覧会で限定発売された切手になります。

通常の発行形態を取っていないこともあり、非常に希少性が高いです。
その発行枚数はわずか2万枚であり、現在でもほとんど市場で目にすることはありません。

そのせいか、レプリカも多く存在しています。

逓信記念日制定記念切手の絵柄は、当時人気の高かった航空切手「芦の湖航空」空2~5(9銭5厘・16銭5厘・18銭・33銭)のデザインを使っており、逓信記念日制定記念切手ならではの絵柄というわけではありません。

また、今から85年前に発行されているということもあり、美品で残っていれば高く売る事が可能な切手です。

逓信記念日制定記念切手を高値で売るコツ

逓信記念日制定記念切手は流通量が少なく、希少性の高いシートなので、そのままでも高値になりやすいです。
ただ、より高値で売ることを考えるなら保存状態はできるだけ落とさないように気を付けましょう。
シミや日焼けが付いてしまうとどうしても価値が落ちてしまいます。
丁寧にファイリングするか、価値が落ちないように早めに売ってしまった方が良いでしょう。

また、買い手選びも大切です。
逓信記念日制定記念切手を高値で売るのなら、その価値が分かる切手買取り店に鑑定してもらうのが一番です。

宅配での査定や訪問買取りに対応しているお店も多いのでその利便性の高さも魅力です。