東京切手展の買取り相場はいくらなの?

東京で開催された切手展の記念に発行されている東京切手展を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしましょう。

日本切手カタログの評価額は未使用で38,000円でした。
使用済みでも35,000円と未使用と変わらない評価額となっているため、高値で売ることが期待できます。

横長の小型シートが特徴的で、このような形状のシートはコレクターから「うなぎ」という愛称で呼ばれ親しまれています。
切り離してバラ売りするよりも、シート1枚で売った方が高値になりやすいので覚えておきましょう。

次に東京切手展をネットオークションで売るケースを調べると、みほん品が 185,500円で買取りされています。
逆に最安値は半分に切れている使用済みシートが120円でした。

東京切手展を高く売るならその価値が十分に分かる査定員のいる切手買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:東京切手展を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定をしてくれるので、査定額に満足なら売る事を考えてみましょう。

東京切手展の特徴を徹底解説

東京・日本橋にて「郵便切手を知る展覧会」の開催記念に発行されたものです。
バラ1枚あたりの額面は1円20銭で、それが15枚綴りで構成されている小型シート(237×76mm)となっています。
1947年5月に発行され、発行枚数は30.2万枚です。

小型シートで地方切手記念のものが発行されたのは、こちらの種類が初めてとなります。

図柄には法隆寺の五重塔が起用されています。
これは元々通常のものの30銭で使われていた図柄で、コレクター人気の高いものが流用されていました。
元の30銭は紫色ですが、黄緑色に変更されています。

発行のきっかけとなった「郵便切手を知る展覧会」はわずか1週間の開催でした。
しかし、短い開催期間でも26万人以上の来場者が訪れたそうです。

コレクター人気のある図柄の起用、さらに短い期間で開かれた展覧会が大成功した功績が価値を与えているのでしょう。
また、東京記念展は見本で構成されているシートもあり、そちらも本物に劣らず比較的に高値で取引されています。
その理由は見本のもので現存数が少なく、希少性があるからです。

お持ちの方は見本でも、一度査定して価値を確認しておくと良いでしょう。

東京切手展を高値で売るコツ

冒頭で紹介したネットオークションの価格のように、美品のものに高値が付く傾向があります。
発行からだいぶ経つものは経年劣化を起こしている可能性がありますが、保存状態によっても劣化具合は大きく変わってきます。
シワや折れ、破れなどを防ぐために専用ファイルに保管するようにしましょう。

また、売る際は売る場所にも注意しましょう。
その価値が分からない業者に売ると思わぬ安値で買い叩かれてしまう可能性があります。

東京切手展を高値で売るには、やはり専門知識が豊富な切手買取り店におまかせするのが一番です。

考:東京切手展を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問による買取りにも対応している所もあるので非常に便利です。