月に雁の買取り相場はいくらなの?

戦後の切手を代表する月に雁を売るのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
日本切手カタログで相場を調べてみると、額面8円が23,000円となっています。
この価格はバラ1枚の未使用なものに対する評価です。

また、5枚で1シートの未使用品は140,000円とバラの値段で算出した価格よりも高額になっています。
月に雁自体は発行枚数が200万枚と少なめであり、さらに現存する5枚綴りのシートとなると希少性は高まります。
そのため、バラよりも相場が高くなっていると考えられます。

一方、ネットオークションではどのくらいの相場になっているのでしょうか?
ネットオークションで売る場合だと、最高値はシート6枚のセットで78,777円です。
反対に最安値は同じく5枚1シートが1円で落札されています。
安値で取引された理由は、復刻切手であることや小さな傷、折れ目、経年劣化による色褪せなどが考えられます。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

月に雁を高値で売るのなら、切手への専門的な知識が豊富な切手買取り店に鑑定してもらうのがおすすめです。

参考:月に雁を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定に応じてくれるので、買取り額に満足なら売る事を検討してみましょう。

月に雁の特徴を徹底解説

月に雁は、1949年に第3回の切手趣味週間シリーズで発行された記念切手です。

江戸時代に活躍した浮世絵師「歌川広重」が描いた「月に雁」が図柄化されています。
この浮世絵は、100年以上も前から海外のコレクターに支持され、ロートレックやゴッホなど有名画家にも影響を与えたと言います。
三羽の雁が舞い降りる姿が抒情性豊かに描かれており、その背景には大きな満月が描かれているのが特徴です。

切手の額面は8円にて発行され、サイズは縦67mm×横30mmで大型の切手となっています。
発行枚数は200万枚ですが、昭和の切手ブームをはじめ多くのコレクター達からは使用済みでも重宝されていた切手でもありました。

また、月の雁は好評に伴い1996年に復刻版を発行しています。
「見返り美人」とシリーズ化されたもので、単色刷りとカラー印刷の2種類が発行されました。

参考:見返り美人買取り

見返り美人の単色・カラー印刷を合わせて、4種類の切手で販売されています。
額面は1枚80円で郵便切手の歩みシリーズ第6集に含まれます。

図案に採用された「月の雁」は、元々は版画なので多くの美術館で所蔵されています。

月に雁を高値で売るコツ

月に雁は、国際的にも注目を集め戦後の記念切手の王者と呼ばれています。
高く売る事ができるのは、未使用品または美品であることが条件です。

また、買い手選びも重要です。
月に雁を高値で売るのなら、切手への造詣の深い切手買取り店にみてもらいましょう。

参考:月に雁を買取りしてくれるお店一覧

訪問査定や宅配買取りに対応しているお店が多いので大変重宝します。