UPU 75年記念の買取り相場はいくらなの?

UPU 75年記念は、UPU(万国郵便連合)が結成されてから75周年を記念して作られた切手です。
売ることを考えているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

UPU 75年記念には額面2円・額面14円の「日本地図」と、額面8円・24円の「通信の象徴」、合わせて4種類があります。
日本切手カタログの相場は以下です。(単位は円)

  • 額面2…約500(シート:18,000)
  • 額面8…約700(タブ付きペア:3,000、シート:30,000)
  • 額面14…約1,600(シート:60,000)
  • 額面24…約3,000(タブ付きペア:10,000、シート:130,000)
  • 記念シート(額面2・8の2種類)…約1,100

額面8円と額面24円だけ、タブ付きペアという種類も発行されています。
これは、バラ切手にタブが付けられており2枚で1組になったものです。
タブ自体に切手の役割はないものの、タブがあるだけでバラよりも高値で売ることが可能なのです。

ネットオークションでUPU 75年記念を売る場合の買取り相場を調べてみると、最高値は昭和24年10月24日、発売2週間後に使われたエンタイヤで 55,000円で買取りされています。
逆に最安値はミニシートが1円からあります。

UPU 75年記念の切手を高値で売るには、専門知識豊富な切手買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:UPU 75年記念を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定を行ってくれるので提示額に満足なら売ることを考えてみましょう。

UPU 75年記念の特徴を徹底解説

UPU 75年記念は1949年10月10日に発行された記念切手です。
UPU(万国郵便連合)は、加盟されている国の郵便業務を調整する役割を持っており、国際連合の中の専門機関で本部はスイスのベルンにあります。

1874年に署名された国際郵便条約の中から国際郵便業務における提供や料金に対して作成されたのが万国郵便条約であり、UPUは万国郵便条約の元で設立された機関です。

日本が初めてUPUに加盟したのは、1877年(明治10年)のことです。
当時加盟国は日本以外に22ヶ国ありましたが、アジア諸国では初の加盟国となっています。
1877年6月1日は万国郵便連合加盟記念日にも制定され、それから記念となる年には記念切手が発行されるようになりました。

最初に発行されたのは1927年、加盟50年を記念して作られたものです。
その次に発行されたものが今回ご紹介しているUPU 75年記念になります。

UPU 75年記念の発行枚数は、額面2・8円が300万枚、額面14・24円が100万枚、記念シートが100万枚となっています。
特に14円・24円に関しては発行枚数がそれほど多くないため、希少性は高いです。

UPU 75年記念を高値で売るコツ

UPU 75年記念を高値で売るためには、できるだけ美品の状態をキープするに越したことはありません。
切手は紙の性質上、日光に当たってしまうとどうしても日焼けしてしまいます。
そのため、保管するならファイリングを行い、日光の当たらない場所へ保管しておきましょう。

また、UPU 75年記念の価値が十分に分かる所へ売る事も大切です。

その点切手買取り店なら切手への深い知識を持った査定員がいるので安心です。

参考:UPU 75年記念を買取りしてくれるお店一覧

出張査定や宅配による買取りにも応じてくれるところもあるので非常に便利です。