万国郵便連合(UPU)加盟50年の買取り相場はいくらなの?

万国郵便連合(UPU)加盟50年を売るのなら、まずは買取り相場のチェックからはじめましょう。

日本切手カタログの評価額を見ると下記の評価額が付けられていました。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用800、使用済み500(シート100,000)
  • 3銭…未使用1,000、使用済み500(シート120,000)
  • 6銭…未使用25,000、使用済み15,000(シート1,500,000)
  • 10銭…未使用30,000、使用済み15,000(シート1,800,000)

1銭5厘と3銭はそれぞれ需要が高く、発行枚数も多かったため価値はそこまで高くありません。
しかし、6銭と10銭に関しては発行枚数が少なかったためプレミア価値が付き、高めの評価額が付けられています。

次にネットオークションで売るケースをみてみましょう。
最高値は3銭の美品シートで 82,000円で売ることができています。
逆に最安値は万国郵便連合(UPU)加盟50年切手の2種を貼った記念印を押印したもので1円でした。
本物ならもっと高値がつきそうなものですが、真贋がはっきりしない事でこの値段になったと推測されます。
もちろんこれらの値段は目安です。

万国郵便連合(UPU)加盟50年を高く売るのなら専門知識豊富な切手買取り店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:万国郵便連合(UPU)加盟50年を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定をしてくれるので、買値に満足なら売ることを検討してみましょう。

万国郵便連合(UPU)加盟50年の特徴を徹底解説

万国郵便連合(UPU)加盟50年の切手は、その名の通り日本が万国郵便連合に加盟してから50年経ったことを記念して発行された切手です。

万国郵便連合自体は1874年から活動しており、国際郵便制度を司って郵便業務の管理を実施しています。
そんな万国郵便連合に日本が加入したのは1877年6月1日のことです。
当時既に22ヶ国が加盟していましたが、アジア諸国から加盟したのは日本が初めてでした。

日本は第二次世界大戦中に一度脱退してしまいますが、終戦後の1948年に再加盟を果たしています。
万国郵便連合(UPU)加盟50年に描かれている絵柄は2種類あり、1銭5厘と3銭には郵便制度の父とも呼ばれている前島密の肖像画、6銭と10銭には世界地図と平和を表す鳩の姿が描かれています。

前島密は現代に至るまで多くの切手の絵柄にも採用されてきた人物ですが、実は万国郵便連合(UPU)加盟50年が初めて前島密を絵柄に採用した切手となっています。

万国郵便連合(UPU)加盟50年を高値で売るコツ

万国郵便連合(UPU)加盟50年を高値で売るなら、額面4種類をまとめて売る方が良いでしょう。
コレクターは収集する時にバラではなくまとめて集めたいと思っているので、4種類セットになっていると需要が高くなります。

また買い手選びも重要です。
切手買取り店なら深い知識をもった鑑定士が丁寧にみてくれるのでおすすめです。

参考:万国郵便連合(UPU)加盟50年を買取りしてくれるお店一覧

宅配による査定や訪問買取りに対応しているお店が多いのも魅力です。