郵便創始50年記念切手の買取り相場はいくらなの?

貴重な郵便創始50年記念切手は額面が4種類あり、それぞれ価格が異なります。
売る事を考えているのなら、まずは日本切手カタログでその評価額をチェックしましょう。
※単位は円

  • 1銭5厘…未使用なら900(バラ)、110,000(シート)
  • 3銭…未使用なら1,200(バラ)、70,000(シート)
  • 4銭…未使用なら15,000(バラ)、1,800,000(シート)
  • 10銭…未使用なら80,000(バラ)、4,500,000(シート)

1銭5厘と3銭はあまり高くありませんが、他2種は高値の評価額が付けられています。
その理由は発行枚数に大きな違いがあるからです。
1銭5厘と3銭の発行枚数はどちらも545万枚ですが、4銭は24万枚、10銭は10万枚とかなり少ないです。
発行枚数が少ないということは残存する数も少ないので、高値で売る事が可能な傾向があります。

ただし、上記の評価額は未使用の美品が前提なので、使用済みのものは価値が下がりやすいので注意しましょう。

次にネットオークションで売る際の相場をご紹介しましょう。
最高値のものは40,100円、最安値は1円から落札されていました。
ネットオークションは出品形態が様々なので、価格差はかなり大きいです。
最高値のものはシミや破れといった経年劣化が目立ちますが、3銭が1シートでの出品だったので高値で売ることができたのでしょう。
一方、最安値のものは同じ3銭切手でも使用済みの1枚だったため、低価格での落札になっています。

郵便創始50年記念切手を安定した高値で売るのなら、切手買取り店に査定してもらうのがおすすめです。

参考:郵便創始50年記念切手を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定に対応しているので、買取り額に満足なら売ることを考えてみましょう。

郵便創始50年記念切手の特徴を徹底解説

郵便事業が始まり50周年を祝して誕生した郵便創始50年記念切手は、1921年4月20年に発行されました。

全部で4種類ありますが、図柄は2種類存在します。

1銭5厘と4銭は郵便旗と最初の切手である竜文の図案が採用されており、色は1銭5厘が緑、4銭は赤と区別されています。
残りの2種は郵便局の原点である逓信省の建物が図案となっており、色は3銭が茶色、10銭は青です。
上記の相場でもご紹介しましたが、買取り価格は発行枚数の少ない4銭と10銭が高い傾向にあります。

同時に注目したいところは、図柄と余白のバランスです。
当時は印刷技術が今と比べて不足しており、余白バランスが悪いものが目立ちます。

そのため、図柄が枠にしっかり収まり、余白バランスの良いものは希少なので、プレミア価値に期待できるでしょう。

郵便創始50年記念切手を高値で売るコツ

郵便創始50年記念切手を少しでも高く売りたい方は、売る時まで丁寧に保管しておきましょう。
切手は紙で出来ているので、水分や日光によるダメージを受けやすく、適当に保管していると劣化を早めてしまいます。
変色やシミ、シワ、破れが目立つ切手は価値が下がるので、美品状態を保つために専用ファイルなどに入れてください。
そして、直射日光が当たる場所や湿気が多い場所を避けて保管しましょう。

売る際は専門知識豊富な切手買取り店を選ぶと安心です。
こういったお店は深い知識を持った査定員がいるので丁寧にその真価を見極めてくれます。

参考:郵便創始50年記念切手を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問査定に応じてくれるお店も多いので大変重宝します。