日本で最初に発行された「普通切手」

お宝切手には普通切手と呼ばれる日本で最初に発行された切手があることをご存知でしょうか?
この普通切手は機械ではなく手彫で作られた大変貴重な品物です。

目打ちがなく初版と2版目でかなり価値が変わってきます。
100文、200文、500文の種類がありますが、平均してどれも非常に買取り価格が高く設定されています。

48文は3万円以上、200文は50万円以上の価値と判断される場合もあるでしょう。

国の行事開催時に発行される「記念切手」

記念切手とは国内のイベントが開催される時に発行される切手の総称です。
お宝切手としても有名な種類ですが、切手の価値は安いものから高いものまで非常に幅広くなっています。

バラの切手1枚で数万円もするものもあれば、額面以上の価値に相当しないものまであるようです。

代表的な記念切手の中から比較的高価な切手を紹介します。

  • 明治天皇銀婚記念切手
  • 日清戦争勝利記念切手
  • 日韓通信業務合同記念切手
  • 日露戦争凱旋観兵式記念切手
  • 裕仁立太子記念切手
  • 飛行郵便試験記念切手
  • 郵便創始50年記念切手
  • 皇太子台湾訪問記念切手
  • 皇太子結婚式記念切手
  • 逓信記念日制定記念切手
  • 関東局始政30年記念切手
  • 東京切手展記念
  • 犬山こども博覧会記念切手
  • 第5回国民体育大会記念
  • 児童憲章制定記念切手

ここでご紹介した記念切手は1894年~1951年頃までの価値が高くつく年代に発行された切手です。
切手の額面は2銭~10銭程度のものがほとんどですが、発行年数や発行枚数によっては1枚あたり5万円以上にもなるお宝切手もあります。

お宝切手を高額買取りしてもらうには

お宝切手と判断された切手は、1枚で数万円~数十万円にもなる可能性があります。
1970年代に切手ブームが訪れ、切手をコレクションとして集めている人同士で交換や売買することもありました。

質屋で切手の価値を見てもらい価格をつけてもらうことが一般的でしたが、質屋が提示する切手の買取り額はお店によってまちまちだったようです。

今は金券ショップや切手買取り業者で売買の取引をされることが多く、知識や経験によって切手の価値を適確に判断してもらい、手早く査定してもらうことができるようになりました。

買取り価格は切手ブーム後に発行された切手は、あまり価値がないものと判断されるようになっています。

もしも、1970年代以前の切手が手元にある方は切手専門買取り業者へ査定を依頼すると良いでしょう。
きれいに保管されているものやシート状で買取りしてもらうとさらに高額買取りになる可能性があります。