高値買取りしてもらうコツ1:相場を知っておく

切手を売ろうと考えている方の中には、自身でコレクションされていた方が多いかと思いますが、それ以外にも例えば遺品として切手が残されており、譲り受けたという方もいらっしゃるでしょう。
このようなケースの場合、元々切手がどれくらいの価値を持っているのか知らないので、何が貴重で何が貴重でないのか判断ができません。

そんな状態で売ってしまおうとすると、貴重な切手であっても高値にならない可能性も考えられます。
悪質な買取り業者に引っかかってしまうなんて事もあり得ます。

依頼した買取り業者が悪質だった場合、知識がない方から買取りする時にわざとその切手の価値を低く見積もってしまう可能性があります。

全く知識がない状態だとこの低い見積もりにも気付かず、騙されてしまうかもしれません。
しかし、大体の相場を把握しておくだけでそのようなケースにも対応することができるでしょう。
できれば一つの買取り業者だけではなく、複数の業者から見積もりを出してもらうと安心です。

高値買取りしてもらうコツ2:早めに買取ってもらう

切手というのは紙素材でできているので、年数が経てば経つほど劣化してしまいます。
コレクションする際には十分気を付けて保管されるのですが、それでも日に焼けたり、破れが発生したりしてしまうこともあるのです。

切手自体の価値はもちろんですが、切手の状態も査定に影響してきます。
もっと価値が上がるかもしれないと持っていた切手が年々劣化していき、状態が悪くなってしまうと高値での買取りも難しくなってきてしまうでしょう。

高値で買取りしてもらうなら、早めの買取りを検討されてみてはいかがでしょうか?

高値買取りしてもらうコツ3:買取り専門業者に依頼する

切手を売る方法には、リサイクルショップや金券ショップで売る、ネットオークションに出品するなどの方法があります。

しかし、これらの方法では高値での買取りが難しい場合も考えられます。
リサイクルショップや金券ショップでは、切手の正しい価値を判断してくれる査定士がおらず、適当な価格を付けられてしまう可能性もあるでしょう。

ネットオークションはこちらが高値に設定して出品しても売れない可能性が高いです。

ですから、買取りを専門に行っている買取り専門業者に依頼するようにしましょう。
買取り専門業者であれば切手買取りの実績を持つ査定士がしっかりと価値を見極めてくれます。

切手の買取りに悩んだら、まずは買取り専門業者に相談してみてください。